問題発見力が問題解決のクオリティを決定する!問題解決の思考術・技術

7799viewsgungalgungal

このエントリーをはてなブックマークに追加
問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」

日本における問題解決手法の古典的名著の続編。

第1章 問題発見力が問題解決のクオリティを決定する

問題発見力が問題解決のクオリティを決定する

 筋の良い解決策
  的確な問題設定から
 問題とは
  あるべき姿と現状のギャップ
 問題の明確化
  解決策の精度が向上

問題発見ができない4つの理由

1あるべき姿を的確に描けない

イメージできない  
 構想力 目標設定力欠如 
間違っている
 パラダイム変化の認識力欠如

2現状把握ができていない

問題意識. 分析スキル欠如

3問題を優先順位づけできない

 ギャップが曖昧
 原因が多く順位づけできない

4拡がりを見失っている

 実行可能な解決策から逆順で短絡的に問題を捉えている

第2章 戦略的問題発見の構想力を高める

オペレーション的問題発見

 あるべき姿が決まっている場合の問題発見
  作業標準に対する効率改善はこれ

戦略的問題発見

 あるべき姿を構想し問題発見する

あるべき姿を構想する戦略的「問題発見の4P」

Purpose 目的軸

そもそも何の為に
 いつのまにか目的が忘れられる
 目的を見失うと間違った問題発見をする
顧客の目的を深く考え顧客ニーズを理解
 目的をよく考えると別の可決策が見える

Position 立場軸

誰にとっての問題か
 立場軸で問題は変化する

Perspective 空間軸

問題の俯瞰 
 何処までパースペクティブを広げるか

Period 時間軸

どの時点での問題とするか
  時間軸にズレがあれば問題解決しない

「問題発見の4P」の相互作用

あるべき姿の
 的確性
 全体像
  が見える

第3章 仮説思考と分析力は車の両輪

2次元で捉える

X軸 Y軸の意味を考える

分析から導かれる意味合いを必ず引き出す

だから何と考え抜く

定量分析と定性分析を使い分ける

問題構造やしくみの解明

第4章 「拡がり」の中からギャップを生む重要要因を見出す

MECE

問題の拡がりを押さえる

トレンド分析

時間軸の拡がりから構造変化のキッカケを掴む

+/-差異分析

ギャップを生む変化 発生要因特定

集中・分散分析

ズレ バラつきから管理力を確認

付加価値分析(コスト分析)

顧客視点からコスト正当化

CS/CE分析(バリュー分析)

顧客の価値を高める

第5章 「深さ」を捉え問題を構造的に把握し、具体化する

ロジック

深さ追求の論理回路で因果関係を掌握

コーザリティ分析

悪循環から解決すべき真因を掴む

相関分析

相関関係から因果関係を推定

シェア分析

ロジックと定量化の連動で構造深堀り

第6章 「重み」づけを行い取り組むべき問題の優先順位をつける

感度分析

影響因子が結果に与える振れ幅を評価し問題に重みをつける

パレート分析(20-80ルール)

貢献に応じた扱いの差別化

ABC分析

重点分野の優先順位づけ

ピーク分析

ビジネスの集中 平準化の判断

リスク・期待値分析

不確実な中での意思決定

感想

本書は日本における問題解決手法の古典的名著 問題解決プロフェッショナル―「思考と技術」(http://bukupe.com/summary/3182)の続編として出版されたものである

本書では問題解決そのものでなく問題解決のクオリティーを上げる為の問題発見の手法、つまりあるべき姿と現状とのギャップを明確にする為の各種分析手法が解説されている

本書で述べられている真の問題を発見するというコンセプトは後日出版された「イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」」(http://bukupe.com/summary/3529)で提唱された「問題を見極める」や論点思考(http://bukupe.com/summary/5093)で提唱された「論点を確定する」に通ずるコンセプトである

本書をより効果的に活用するに当たり、前書である問題解決プロフェッショナル―「思考と技術」と合わせて読む事をお勧めする

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く