1週間は金曜日から始めなさい!社長をしながらMBAなど次々の資格を取得した臼井由妃が教える時間活用術

7238viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
1週間は金曜日から始めなさい 仕事と人生が楽しくなる時間活用術

概要

社長をしながら、MBAや医学博士など次々の資格を取得した著者が伝授する時間活用法

タイムマネジメントの基本は時間密度

■時間は引き算ではなく、足し算で考える
 ・忙しいと言う人ほど、「○○をやめれば時間ができる」とを引き算で考える
 ・「あれも、これも」とチャレンジする人ほど、時間を足し算で考える

■時間は量よりも密度を増やす
 ・一度にいろいろやる人の方が、効率よく時間を使うノウハウが貯まる
 ・やりたいことが多いからこそ、短い時間で効果のある方法を生み出せる

■時間密度を上げるには
 ・1つの行為を、いくつかの目的のために利用する
 ・例)地方に出張へ行ったら、そこでしか得られないネタを見つけ、ブログにアップする

■忙しいときほど勉強をすると心のゆとりが生まれる
 ・勉強をするのは自分の時間
 ・自分は時間の奴隷になっていないと気持ちになり、忙しくても余裕が生まれる

■人に会う時間は減らさない
 ・人に会うことでしか得られない経験や情報がある
 ・人との出会いや付き合いを粗末にする人は時間貧乏になる

1週間を金曜日から始めなさい

■1週間を金曜日から始めなさい
 ・月~水でその週のやるべきこと費用対効果の高いことを終わらせる
 ・木をその月~水の三日間の検証・反省の日に使う
 ・金は翌週の仕事に備え、準備やアポイントを確認、将来の目標を考える
 ・金曜日から翌週の仕事の準備し、金曜日から開始するリズムを作る

■三日坊主にならない方法
 ・尊敬する人や業界のボスに目標を宣言してしまう
 ・自分を追い込んで、行動をせざるを得ない状況を作ってしまう

時間は支配した方のものになる

■時間の手綱を放すな
 ・時間の主導権を人に与えない
 ・できる限りアポイントの時間を相手に合わせず自分で決める

■人を使えない人は、いずれ時間を使えない人になる
 ・なんでも自分でやる経営者は時間の使い方が悪い
 ・時給が高い社長が、社員の仕事をするのは時間価値に見合わない

時間達人になるための「かきくけこ」

■かきくけこ
 か=簡単(難しいから質が高いわけではない、いかに簡単にするか)
 き=興味(重要度が同じ、やらないといけないことが2つなら興味がある方を選ぶ)
 く=グレー時間(仕事も遊びもしていないグレー時間を減らす)
 け=決断(決断は15分以内で)
 こ=行動(行動あるのみ)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く