将棋とビジネスの共通点!集中力の概要

2234viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))

本書の概要

 タイトル戦などには最近は縁がなくなったようだが、いまだ第一線で活躍し続ける50代、谷川浩司永世名人の著書。羽生善治名人のライバルとして活躍した棋士の半生とは?

将棋とビジネスの共通点

 中学生でプロ棋士になり、頂点への階段を一気に駆け上がった著者。後進の台頭によって挫折を味わいながらも復活を果たす。その中で得られた経験には何がしかの価値があると思います。
 結局、好きだからこそ、将棋に対して打ち込むし、それだけ集中すれば上手くもなる。反省はするけれども後悔はしない。そして、支えてくれる周囲に感謝の気持ちを忘れない。厳しい勝負の世界に生きているからこそ、必要のない戦いは避けるべきなのでしょう。
 本書はビジネス書として読むよりも、棋界のトッププロの経験談として読んだ方が良いと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く