のうだまって?やる気を出すからくりの秘密

12319viewssnufkinsnufkin

このエントリーをはてなブックマークに追加
のうだま―やる気の秘密

概要

続けられないのは脳が飽きっぽいから。「やる気」を出すには脳を騙す事。それには脳の中の“淡蒼球”を動かす必要がある。淡蒼球は自分の意志では動かせられないが、それを動かす事ができる“4つのスイッチ”がある...

①<スイッチB>【Body(カラダを動かす)】
②<スイッチE>【Experience(いつもと違うことをする)】
③<スイッチR>【Reward(ご褒美を与える)】
④<スイッチI>【Ideomotor(なりきる)】

 -では、これらのスイッチを入れるには?-

本書では≪最新の脳研究≫を元に、「続ける技術」と「やる気の秘密」を可愛いマンガ・イラストも交えて分かり易く紹介している。
 

まえがき

・脳は飽きっぽい→三日坊主は当然
 ⇓ ⇓ ⇓
≪続けるコツ≫がある

第1章 からくり編1

◆脳の法則① 人間は飽きっぽくできている!◆
・脳は飽きっぽい。脳が三日坊主の原因

☆【馴化(マンネリ化)】
≪脳は一度見た物を「馴化」して「当たり前のもの」とする≫
    

 ○最初は、何事も新鮮で楽しい♪♪
    ⇓
    ⇓(2回目、3回目...)
    ⇓
 <マンネリ化、飽きる>
  ⇓   ↘
  ⇓  ×「辞めた!」(三日坊主)
  ⇓   
  ⇓(めんどくさいけどやらなきゃ)
  ⇓ 次第に面倒臭い気持も麻痺 
  ⇓
 ◎【習慣化】◎(お見事!!)

≪飽きさせるのも続けさせるのも“脳の馴化”≫
 ⇒“脳の「馴化」”を味方にする

◆脳の法則② 「やる気」は迎えに行くもの◆
脳は騙されやすい
  ⇒脳を騙して、「やる気」を出す!

【(頭で考えるよりも)まずはカラダを動かす!!】
        (→※第2章「スイッチB」参照)
  起床時間が来たら、眠くても布団をはぐetc.
     ⇓ ⇓ ⇓
≪ ヤル気にスイッチが入る ≫

◆脳の法則③ 続けるコツは脳を騙して蒼い玉を動かす事!!◆
<【淡蒼球】が「やる気」を生み出す!>
・「淡蒼球」とは脳の部位のひとつ
・この活動が活発化すると、やる気も高まる
・自分の意志では動かせない(無意識)

<「淡蒼球」を動かす“4つのスイッチ”がある>
・4つのスイッチは自分の意思で動かせる
・スイッチを入れると、淡蒼球が連動して動く
・淡蒼球の活性化=続けるコツ 

第2章 からくり編2

≪4つのスイッチ“B・E・R・I”≫
◆スイッチB◆-Body-
【“カラダを動かす”ことで入るスイッチ】
・やる気がない時こそ出かけてみる
・箸(ペン等)を咥えながら、読書(執筆、仕事)する
  →何かを咥えると、顔が笑顔のようにみえる 
   →作り笑顔が、やがて本物の笑顔に(「自己知覚」)
  ≪カラ元気でも、とにかく笑おう≫

◆スイッチE◆-Experience-
【“いつもと違うことをする”ことで入る】
・少しでも、いつもと違う事をしてみる
・気分転換してみる
・いつもと違う場所に行く。

◆スイッチR◆-Reward-
【“ご褒美(快感)を与える”ことで入る】
<ご褒美を正しく設定する>
 “ご褒美”
   ↓(達成感や快感)
   ↓(「テグメンタ」を刺激)
 ≪もっとやりたい! 続けたい!≫
  

・[目に見えるご褒美]の例  →お金、食物、品物、旅行

・[目に見えないご褒美]の例  →達成感、褒められる、理解される
  好きな人に会う、好きな音楽を聴く

<目標設定→達成→ご褒美→目標設定...>

◆スイッチI◆-Ideomotor-
【“なりきる”ことによって入るスイッチ】
<夢や目標を具体的に決め、先になりきる>
・「憧れの人」になりきる
・思いが強いほど、脳は騙され易く効果的
        (=「念じれば通ず」)
 

第3章 やってみよう編

<【まず、20回続けよう】> 
①目標を紙に書いてみる
(とにかく「やろう!」の気持ちを文字にする)
②ご褒美を決める
(あげるタイミングや回数も)

<刺激となる16個のお助けコンテンツ>  
01 最初の目標は小さくする

02 腹八分目でやめる

03 ご褒美を用意する

04 同じ時間にやる

05 カタチから入る

06 図々しい妄想をする

07 友達を巻き込む

08 褒めてくれる人を、用意する

09 続かなくて当たり前と思う

10 身銭を切る

11 今、やっている習慣にドッキング

12 人前でやってみる

13 気が乗らなくても、とにかくその場に行く

14 移動中にやる

15 誰かを喜ばす為にやる

16 はじめのキモチを思い出す
 

参考文献

(本書の参考文献となった池谷裕二さんの著書一覧)

あおだまのうた

(上大岡トメさん作詞の蒼玉の歌)

解説(池谷裕二さん)

(本書の内容の復習・総まとめ)

解説(上大岡トメさん)

「継続は力なり」

おまけ

(トメさんの素敵なイラスト)

のうだま―やる気の秘密

のうだま―やる気の秘密

  • 上大岡トメ,池谷裕二

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く