米国ロースクール留学の要約

2944viewsattorney at usattorney at us

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国ロースクール留学―「アメリカ弁護士」への道 米国司法制度と法学教育システム

1、概説、書評

おおよその入学フローや募集要項、必要なテストや作成物がわかる。
各大学の実際の募集に要するものは個別に自分で確認する必要がある。

2、内容の要約

・アメリカ合衆国の司法制度、弁護士制度概要

JD学位取得後(一部LLM等でも可)、Bar Exam受験

弁護士、検察官、裁判官等役割、仕事
→弁護士…インハウス、独立事務所のパートナーやアソシエイトなどの基本的な説明
 裁判官…確実な方法があるわけではなく選挙や立法府からの選出による
 検察官やロースクール教員など職
 

ABA(American Bar Association = 法曹協会)の役割
→倫理規範その他実務家の教育に対する取り組み

日本での活かし方
企業の顧問、インハウス、ロースクール教員などや、米国で日本文化を知る弁護士としての地位を活かす

・LSATの概要
全米のロースクール志願者の統一テスト(180点満点)
5つのセクション
Reading Comprehension
Analytical Reasoning
Logical Reasoning
Experimental section
ライティング・サンプル

・GPA、TOEFLの成績

・願書、エッセイの作成

・JDプログラムの概要
1年目…コアカリキュラム、リーガル・ライティング、リーガル・リサーチなど
2年目…実定法中心、Professional Responsibility
その他実務訓練…Moot Court、Cilnic、Law Review

・LLMプログラム、MCLプログラムの概要
GeneralとSpecific

・SJD、JSDプログラム
在学1年+博士論文による学位

・その他

・著者の薦める40校

・具体的なフローを示しての出願サンプル(履歴書)、財政能力証明書、ビザ取得申請
の説明

・LSATの受験方法
申込方法、日本での機関、受験地、プリンストン・レビュー・オブ・ジャパン、テストの各セクションの概説

・LSAT問題サンプルと解答・解説(出題形式例を載せます)
「Directions:Each passage in this section is followed by a group of questions to be answered on the basis of what is stated or implied in the passage.~

1. Which one of the following best states the main point of passage?

(A)選択肢
(B)選択肢
(C)選択肢
(D)選択肢
(E)選択肢」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く