伝える力8つのポイントの賞別まとめ!

4110viewswwooddwwoodd

このエントリーをはてなブックマークに追加
伝える力 (PHPビジネス新書)

第一章「伝える力」を培う

・深く理解していないと、わかりやすく説明できない
・謙虚にならなければ、物事の本質は見えない
・プライドの高い人は成長しない
・「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」
・「よい聞き手」になるために
  人は自分の話を聞いてくれ相手に親しみを持つ

第二章相手を惹きつける

・映画や連載記事で“つかみ”を学ぶ
・「型を崩す」のは型があってこそ
  最低限守らなければならない型は守る

第三章円滑にコミュニケーションする

・成功して好かれる人、成功して嫌われる人
  日本の「けしからん罪」(法律に違反してはいないがけしからんという庶民感情)
  謙虚さの有無
・悪口は面と向かって言えるレベルで
  人としての品位と信頼関係を守る
・叱るのは「一対一」が大原則
・褒めるときは「みんなの前で」
・「聞く」ことで「伝わる」こともある
  顧客の前での悪口、うわさ話は厳禁
  取引先の話をあちこちでする人は信頼を失う
・謝ることは危機管理になる
・「実りある苦情」にするために
  企業に対しどのような対処を望むかはっきり伝える
・苦情電話の対処法
  クレーマーでないならきちんと耳を傾ける
  クレーマーであれば建前の話に終始したほうがよい

第四章ビジネス文書を書く

・フォーマットを身につける
・「緩やかな演繹法」
  仮説を立てることは大事だががんじがらめになってはいけない
・「五感」を大事にする
  臨場感のある文書

第五章文章力をアップさせる

・「もう一人の自分」を育てる
  自分に“ツッコミ”をいれる自分、「第三者視点」をもつ
・寝かせてから見直す
・音読する
・上司や先輩に読んでもらう

第六章わかりやすく伝える

・“カタカナ用語”の使いすぎに注意
・「~性」「~的」はごまかしが利く
  「利便性」だったら何が改善されるのか
  その具体的な内容について説明することが大切
・「難しいことも簡単に」書く、話す
・相手の立場になる

第七章この言葉・表現は使わない

・「そして」「それから」
・順接の「が」
・「ところで」「さて」
・「いずれにしても」
・メールの絵文字

第八章上質のインプットをする

・アウトプットするには、インプットが必要
・小説を読む
・スケジュール管理は公私供に一冊で
・年始に大まかな一年の予定を組む
・思い立ったらすぐにメモ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く