コトラーのイノベーション・マーケティングのポイントとは?

2900viewsnaokikobayashinaokikobayashi

このエントリーをはてなブックマークに追加
コトラーのイノベーション・マーケティング

グローバル化、コモディティ化が急速に浸透している現在のビジネス界で、イノベーションはあらゆる企業において重要な経営課題のひとつです。

本書は、組織を変革し、イノベーションに優れた組織にするために、
A-Fモデルという「役割」で整理したフレームワークで、イノベーションプロセスのプランニング法について説明しています。

A=アクティベータ=開始
B=ブラウザ=調査
C=クリエータ=着想
D=デベロッパ=考案
E=エグゼキュータ=実行
F=ファシリテータ=後押し

ともすれば「部署間の都合」でアイデアをつぶし合う、またアイデアが出ても誰も実行責任を負わずに消滅、などの状況は、みなさんの職場にも横行していると思いますが、この「役割」をベースにしたフレームワークを使えば、それぞれのミッションが明確になり、対立ではなく共創の関係、環境が作れるかもしれません。
単純なフレームワークではなく、実務上で発生しやすい問題や具体的事例にも言及されており、実務書として有効だと思います。

コトラーのイノベーション・マーケティング

コトラーのイノベーション・マーケティング

  • フィリップ・コトラー,フェルナンド・トリアス・デ・ペス
この本の他のまとめを見る (全2まとめ)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く