ソーシャルメディアマーケティングをするときに必須の1冊!ドラゴンフライエフェクト

2461viewsTnkTnk

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラゴンフライ エフェクト ソーシャルメディアで世界を変える

about

ソーシャルメディアを利用したマーケティング本!
■ドラゴンフライモデル~4つの羽~
1.Focus(焦点)
具体的かつ計測可能な一つの目標に的を絞る
2.Grab Attention(注目)
私的なこと、感動的なことを使って相手の目に止まるよう工夫する
3.Engage(魅了)
相手を真剣にさせ、自分から何かをしたい気にさせる
4.Take Action(行動)
相手が行動を起こせるよう必要な支援をする

Focus(焦点)

一つの目標のもと焦点を絞ることが方向性や動機や指示を与える上で重要。
企業例:エンブレース、オバマ大統領

■焦点を絞るための5つのデザイン原則
1.人間的
大切なのはまず相手を知ること。推測だけで急いで計画を立てない
2.実行可能
長期的な大目標を達成するため、短期的な小目標を設ける
3.検証可能
実行の前に進捗状況を把握し、行動の指針にするための基準を決める
4.明確
目標を明確にすると、実現の確率が高まり勢いが生まれる
5.幸福
自分にとっても相手にとっても意義の感じられる目標を掲げる

・たまに大きな成功を収めるより、数多くの小さな成功を積み重ねるほうが意欲を高められ、勢いを持続できる。
・人は具体的な目標を掲げるほうが実行力を高められる

Grab Attention(注目)

今の時代で注意をひくということは「相手が何に困っているかを突き止め、心に届くメッセージを発信すること」。まずプロトタイプを作り、幾つかのコンセプトを試してみて相手が何に関心を持つか調べること
企業例:ボノボス、ロック・ザ・ヴォート、コカコーラ、スターバックス

■注意をひくときに役立つデザイン原則
1.私的に
自分に話しかけられていると感じると感心を抱きやすい
2.意外性
人間は新しい情報を消費し、広めるのが好き。メッセージが満ち溢れている世界では、驚きがないと聞いてもらえない。
3.メッセージの視覚化
人間は聞いたことの15%しか覚えていない
4.感覚
感覚に基づくイメージは人の注意を引く力がある

・すぐに注目してもらうには、事実から始める。質問から始める。戦略的かつ慎重にユーモアを混ぜる
・聴衆は無意識のうちに自分と同関係があるのかと思っているもの

Engage(魅了)

魅了とは深い関心を持ってもらうこと、時には愛してもらうことであり最も難しい。
企業例:ザッポス、チャリティウォーター、

■魅了するための4つのデザイン原則
1.ストーリーを語る
胸に深く刻まれる感動的なストーリーを通じて、重要な情報を伝えよう。言葉が少ないほどストーリーの効果は強まる
2.共感する
相手のことを深く知ろう。相手にとっての重大事は何か?それが自分のキャンペーンにどのように結びつくか?
3.信頼を得る
情熱には伝染性がある。信頼できる人物と思えるほど、近づきやすく、協力しやすい。自分の価値観や信念をはっきり打ち出そう
4.メディアを組み合わせる
どこでどのように発言するかは、発言内容と同じぐらい重要。どんなメディアを、どんなときに使うのかを考えよう

・ストーリーに対する欲求は人生のパターンを理解したいという人間の基本的な欲求に基づいている。
・文章が成功しているかどうかを決めるのは説得力ではない。関心を引き、考えさせ、他人の頭の中を覗こうとさせられるかどうか。
・人間は類似点を知ると、相手を信頼しやすくなる

Take Action(行動)

注意を引き、魅了する所で終わっている取り組みが圧倒的に多い。実際に行動を起こさせるのは大変。
企業例:エクストラオーディナリーズ、ナイキ、ドナーズチューズ

■行動を起こさせるためのデザイン原則
1.簡単にする
協力者が簡単に行動を起こせるようにし、行動の呼びかけには優先順位をつける。
2.楽しくする
ゲームやユーモアを取り入れて相手を子供時代の気持ちに引き戻せるかどうかがポイント。
3.相手に合わせる
自分なら他の人よりも大きな貢献ができると思える活動があると人は参加したくなる
4.オープンにする
誰もが自由に行動できるようにすること。こちらの大枠を伝えたら後は助力に徹底

・特徴や機能をわかりやすく客観的に説明さえすれば、自ずと良さがわかってもらえて買ってもらえるだろうというのは実際、中々うまくいかない。
・相手を動かすには要求を小さく具体的にし、1から考えださせようとしない。

終わりに

ドラゴンフライ方式の原動力は具体的で計測可能な一つの目標を持つこと。そして、適切なチャネルから伝えれば誰にでも大きな変化を起こせるのである。

■おまけ:行動を促し、変化を起こすための電子メールの書き方
1.私的に語りかける
目的についてわかりやすく具体的に説明し、関心を持ちたくなるように書く
2.啓発する
情報を与え、相手の無知を正す
3.率直に言う
何をして欲しいかをはっきり伝え、必要なツールを提供する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く