レバレッジ・マネジメントの5つのポイント

2455viewsshakariki22shakariki22

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』

まえがき

もはや説明は要らない、レバレッジ・シリーズで有名な本田直之さんの本です。

顧客でない人を見分けているか?

相手が会社をダメにする顧客かどうか考えてみる
短期的に見て、たとえ売上が落ちても、最終的には顧客の質を良くして、長続きできるパ^トナーを増やそう 

値引きしていないか?

値引きは営業の手抜きである
営業スキルを使わず、値引きだけで顧客の心をつかもうとする営業担当者のレベルは全く上がらない
いくら値段が高くたって、値段を超える付加価値があれば、それは適正価格
「高いからその分、いい商品です」と堂々と対応する

デザインは意識されているか?

ウェブサイトやオフィスのインテリアなどにこだわる
サービスコンサルティングなど、特にビジネスの形が目に見えないからこそ、オフィスはパッケージの一つだと思って力を注ぐ

インセンティブは記憶に残るものか?

昇給よりも、臨時のボーナス
「5万で好きなとこで食事してきていい」というボーナス
特別休暇

自分の長所と部下の短所を比較していないか?

「もし社員全員が指導力と野心を兼ね備えた優秀な企業家だとしたら、簡単な作業をする役が誰も居なくなってしまう」
「なぜ社員は自分で考えられないのか」ではなく、「どういう風にすれば、社員に活躍してもらえるのか」と考える

感想

レバレッジ・シリーズはどれも具体的で実践しやすい内容です。
巷にあふれる経営本の多くは、抽象的だったり精神論が多いのですが、
本書は小ネタも豊富で、本当に役に立つ方法論を紹介してくれます。

このまとめは、わたし(投稿者)が特に気になった・印象に残った部分をまとめたものです。
網羅的なまとめというより、ダイジェスト・映画の予告編のようなものです。
以上の点をご理解してくださった上で、このまとめをご利用ください。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く