高城剛の海外旅行術!旅の達人の七つ道具とパッキング術

4041viewsMasaya™Masaya™

このエントリーをはてなブックマークに追加
サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)

序章 海外旅行後進国としての日本

・モバイルツールなどを駆使しながら、世界中のどこでも生きて行くことができる少数の「ハイパー・ノマド」とその他多くの「下層ノマド」に分かれる。

・国際化を進めることは改めて自国のアイデンティティーを見つめなおすきっかけになる。

第1章 海外と日本の旅行ガイド事情

・英語の基本語を覚えるのが第一。現地語は挨拶やお礼くらいで十分。

・20代の男女はお金を服にかけすぎている。

・自分で情報を集めてカスタマイズした旅をして、世界標準の感覚を身につける。

・バックパッカーやヒッピーの旅のスタイルだった自動車やバイクでの旅行は、いまや金持ちがするもの。世界を代表する金持ちや自由人は、いつも旅行をしているか田舎に住んでいる。間違っても都心の高層ビルに住んだりはしない。

第2章 21世紀のニュー・トラベルスタイル

・「フード&トラベル」日本の良いと言われるレストランは都心のど真ん中。ヨーロッパの素晴らしいレストランは郊外。

・「レストランマガジン」世界レストラン・ランキング2008年版一位から三位まで「分子料理」の店。第一位、スペインのバルセロナ郊外「エルブリ」。第二位、イギリス「ファットダック」。提唱者エルヴエ・テイス教授の「ピエール・ガニェール」。

・「アグリーツーリズム」農家に宿泊し、その畑で採れた作物を調理して出すのが基本。

・セヴィリア「エルブリ・ホテル」過去のエルブリで出した料理のベストを食べられる。

・「サウンド&トラベル」イギリスの「グランストンベリーロックフェスティバル」、バルセロナの「SONAR」など。

・「サバイバル&トラベル」アメリカ・ネバダ州のブラックロック砂漠で開催される「バーニングマン」。世界でもっとも過酷で有名なフェス。

第3章 CIAのサイトから情報収集は始まる

・CIAほど信頼できるサイトはない。

・ウィキトラベル英語版。

・グーグルでマイマップ。

・日没タイムを事前に把握。旅を安全かつ十分に楽しむためにも必要不可欠。

第4章 旅のナビゲーターとしての携帯電話

・プリペイドの携帯電話。

・SIMフリー版iPhoneを買ってスカイプ携帯に。

・日本人旅行者でもバンクオブハワイは口座を作れ、VISAデビットカードがつく。iTMS、USアマゾンからダウンロード購入が可能に。

第5章 旅の達人の七つ道具とパッキング術

・衣類は圧縮袋を使ってコンパクトに。

・コナカの「シャワークリーンスーツ」。シャワーできれいにできてアイロンがけの必要もない。

・ダウンは圧縮性重視「デュベティカ」。

・防寒用に「スペースブランケット」。

・「バイオレッタソーラーギア」。

・「電子辞書」と「旅の指差し会話帳」。

・「ペンタックス ポケットブック 30i」いつでもどこでも発券。

・アンダーウェア「Skins」。

・「巻尺」サイズを測ったり、何かを巻いたり縛ったり。

・トレーニングウェア「カーツ」

・トレーニングスニーカー「MBT」。

ポケットの七つ道具
・カードケースにクレジットカード数枚。現金は滞在国のお金と日本円を5万円づつをそのままポケットに。
・絆創膏
・白いガムテープ。カードサイズに折りたたむ。文字を書いたり、何か破れたときなど。
・名刺や緊急時のキャッシュ。
・スケジュール帳。サーバー上はバックアップ。
・32GBのSDカードに主要連絡先、自分の写真、パスポートのコピー、人間ドックの身体データなど。
・ペンとメモ。名刺サイズ蛍光色ポストイット。

・バックアップは2つ用意。カメラも、デジタル一眼、小型デジカメ、携帯電話のカメラ。ポケット、鞄、ホテルなどに分散。

・「カリマーのエアポートプロ40」バックパックになるので山道などを越える際にも持ち運べる。

・「吉田カバンのポーターシリーズのメッシュ素材のもの」折りたためる小型バックパック。

・「高級そうな紙袋」手荷物にした際にチェックインでカウントされない。

・バックパック、キャリーバッグ、紙袋を持ってすべて手荷物で移動。

・「MacBook Pro 15」「Jazzmutant Dexter」「Bose M3」「RMEのサウンドカード」「MDR-CD900STを折りたたみに改造」どこでもスタジオを構築。

・過酷な旅にはアメリカ軍用のソーラーチャージャー「PowerPocket 12W」。

おわりにー21世紀に旅をするということ

・個々人の目指すゴールの一つは、生活を豊かにする、日々を楽しく過ごすこと。それは人生の“質”を高めることを意味する。そのためのコミュニケーション能力の向上、危機管理能力、それらを試され、同時に向上させるきっかけとなるのが旅。旅の達人になるということは、人生の達人になることを意味する。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く