ローマ人の物語 (6)の概要。覇権国家に生まれた新たな問題

1911viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
ローマ人の物語 (6) ― 勝者の混迷(上) (新潮文庫)

本書の概要

 カルタゴを滅ぼして地中海の制海権を押さえたローマに新たな問題が勃発。それは格差問題である。繁栄をもたらした一方で貧富の差が生まれてしまう。これには現代の日本の姿が透けて見れるかもしれない。

覇権国家に生まれた新たな問題

 地中海の制海権を確保した共和制ローマ。急速に勢力圏が広がるにつれて、逆に国内に問題を抱え込むことになった。そのひとつが富の格差問題である。ローマ人は農耕民族であるため、多くのローマ人は農業を行っている。この小規模農業が立ち行かなくなり、低所得層に落ちる市民が発生してしまったのである。この原因は大きく2つ挙げられる。

問題の根底にあるものとは?

 一つは領土が拡大したことにより、安価な農作物が輸入されるようになったこと。もう一つは領土拡大に伴い獲得した奴隷により、大規模農業が行われたことである。この貧富の格差拡大は、ローマの戦力低下を招いてしまった。兵役はローマ市民の義務であるため、従軍中の賃金は支払われない。このため、従軍中に残された家族が生活できるだけの資産を持たない市民は、兵役の義務を免除されるのである。
 勢力を拡大するほどに混迷の度合いを増していく姿は、いまの日本に重なる部分もあるかもしれない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く