電波男の書評・感想

4577viewsラードラード

このエントリーをはてなブックマークに追加
電波男

オタクは現実に勝ったあああっ!!
いきなりで恐縮だが、この分厚い本は歴史上初となる「オタクによるオタクの勝利宣言書」である。
実はそもそもこの本を書き始めた当初は、
「オタクはどうしてモテないんだろう?何も悪いことして無いのに、うわああああーん」
というオタクの泣き言を書き連ねる「オタク負け本」にする予定だった。しかし、担当編集者から「参考資料」として手渡された『負け犬の遠吠え』やら『だめんず・うぉ~か~』やらの一連の負け犬女関連書籍を読んでいくうちに、俺の心の中で何かがスパークした。こいつらは、「自分は男にモテない負け犬」とか「自分はダメな男にばかりひっかかるだめんず」とか自嘲しながら、次の瞬間には口をそろえてこう言うのだ。

「それでも、オタク男だけは相手にしたくない!」

かーつ!
喝だ、こりゃあ!

(以上、「電波男」P7~P8より抜粋)

と言う本田透氏のなんとも熱いまえがきからはじまり
いかに今の世の中が愛の無い世界でそれを救えるのはオタクなんだということを訴えるオタクのオタクによるオタクの為の恋愛を真剣?に考えた本です

愛=金、ルックス、セックス
という方式を真剣に考えたり真実の愛について訴えたり
キモメンとイケメンの恋愛上における果てしない差別や
オタクの萌えによる犯罪抑止力説等を説いたりしています

著者曰く

「キモメン・ニート・オタク」
この三つの属性を持っている人間を、俺は、「第一級恋愛障害者」に認定するね!
当然俺自身が認定第一号だ!
給付金よこせ、おらぁ!

(電波男P37より抜粋)

との事

アフォだこの人

この本が本当に面白いのは本田透さんの学の高さから繰りなされる様々な雑学とウンチクを己の思想で色んなメディアをパロディって所々に笑いと一緒に織り込んだ文章力の高さです

オタクの人なら当然楽しめますが普通の人が読んでも十分に楽しめる本だと思います

むしろ一般の方にこそ読んでもらいたい一品

今の恋愛に疑問符を抱いてる方は是非図書館等で借りて目を通してみて下さい
単純に笑いのみを提供してくれます(^^)

この本はあくまで娯楽本なので真剣に読まないこと
一歩引いた目線でこの人アホだなあくらいで読むのをお薦めします

さあ、みんなもこの本読んでエル◯スのカップを叩き割ろう!

電波男

電波男

  • 本田透

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く