フリーターやニートの現実、専門学校のウソ

4236viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーター・ニートになる前に読む本

概要

フリーターやニートの現実や、大学や専門学校を選ぶ前に読んでおきたい1冊です

フリーターの現実

■フリーターになるのも年齢制限がある
 ・15歳~34歳までが国が定義するフリーター

■フリーターの正社員の給料の差は3億円
 ・定年の60歳まで働いて正社員は3億円でフリーターは5000万円しか稼げない
 ・退職金や年金ももらえないので、それも合わせると3億円は差がでる

■健康保険に入らないと諭吉が飛ぶ
 ・フリーターの大半は健康保険に加入していないので、一回の通院で1万円が消える

■フリーターだってなりたくてなったわけではない
 ・新卒でフリーターになった人の72%は、正社員になりたかった
 ・しかも新卒でフリーターになると50%以上はずっとフリーター

■なんで安いハンバーガーが食べられるのか?
 ・フリーターが安い賃金で働いてくれるから利益が出せます

会社を選びのコツ

・就職よりも就社で選ぶ
・自分が活躍できそうな会社を探す
・知る人が知る超優良企業を探す
・学校が斡旋される求人は自分で探すよりもハズレが少ない

専門学校のウソ

■就職率100%のウソ
 ・就職率の計算式は2つある
  ①就職率=就職内定者÷卒業者全体
  ②就職率=就職希望者÷卒業者全体
 ⇒②を使って騙す学校もある

■学費のウソ
 ・初年度納付金を安く抑えて、入学後になんやかんやで余分に取るところもある
 ・よくある「体験入学に参加したら入学金免除」の言葉の同じく卒業までにいくらを考える

■学校見学のウソ
 ・オープンキャンパスはいいところしか見せない
 ・もし実情を知りたいなら、平日に行ってみる

■内定先のウソ
 ・ある専門学校は「大手テレビ局に○○名内定」とあった
 ・ただ制作ではなく、集金事務をやっていた

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く