「超」勉強法とその方法を実践した英語の勉強法

3268views楽天商人楽天商人

このエントリーをはてなブックマークに追加
「超」勉強法

はじめに

国語や算数などの受験科目を中心にサラリーマンまで使える勉強法を紹介する本。
英語の勉強法が知りたくて購入ので、ここでは全科目に共通する超勉強法と
英語の勉強法だけ紹介させてください。

■超勉強法

第一原則:面白いことを勉強する。

第二原則:全体から理解する

第三原則:八割原則

◎八割までやる、残り二割は難しい。
◎基礎を八割理解したら応用に進む

■鳥の目勉強法

・全体を俯瞰する(上から見た法がよく見える)
       ↓
・分からない部分は飛ばして後から考える
       ↓
・後になって振り返れば自然と分かることが多い。

■英語の勉強法

◎教科書を丸暗記する。
・分からない単語の意味をひととおり辞典で調べる。
    ↓
  最低二十回、朗読する

その際してはいけないこと
×難しい文法は考えない
×暗記しようと努力しない
×単語帳も作らない

◎二十回も繰り返し読めば自然と覚えてしまう。
         ↓
音読する。耳で聴く。五感を使う方が覚えやすい。

◎記憶を確実にするためには、覚える対象を長くしたほうが覚えやすい。

◎ディベート用語を覚えると便利!

in such a way that… (…のようにして)
I believe that… (私は…と信じる)
it seems to me that…(…のように思われる)
in the sense that…(…のような意味で)

※thatを用いる表現は議論の際便利!

thatを言えば、「いまは割り込むな。話をさせてくれ」といった意思表示になる。

■超暗記法

①まずは対象に注意を向ける
②理解して覚える
③関連付けで覚える
④力ずくで覚える
・反復する ・ゴロあわせ ・覚えるべき命題を長くする。

「超」勉強法

「超」勉強法

  • 野口悠紀雄

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く