国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれての書評・構成

2004viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

本書のポイント

 鈴木宗男氏が収監・仮釈放されたことで話題になっているかもしれないが、鈴木氏に関連して逮捕・起訴された外務省職員である著者が事件について語った本。その後、佐藤氏は、数々の著作をものにし、テレビのコメンテーターなどでも活躍している。
 これまた流行の国策捜査という単語の意味を知りたいなら、ぜひこれを読んで見るとよいと思います。

本書の構成

 自らにかけられた容疑とその裁判の記録にもかかわらず、ドロドロした部分がない。論理は明快で読後感はさわやか。不思議なものを読んだ気分だ。外務省主任分析官にして鈴木宗男衆議院議員の腰巾着。逮捕当時、そのような論調で報道された著者による自らの事件の分析記録が本書である。
 「国策捜査」。本書のキーワードとして出てくるのがその言葉である。これは、国民が感じる社会に対する不満を解消するため悪役を作り出し、それを代理で裁くことによって、不満を感じる原因となっている社会構造の不備などを解消しようとする働き(政治的思惑も含まれるだろうが)のことである。

国策捜査はなぜ起きるのか?

 なぜ鈴木宗男氏と著者はこの「国策捜査」の対象にされたのか。それに対する著者の分析が興味深い。これには、日本社会および国民性の変化の兆しが関係しているという。一つは、日本の社会主義的な利益の平等配分から傾斜配分への移行。もう一つは、協調主義的外交からナショナリズム優先の外交への移行である。
 この時代変化の潮目にいたのが、旧来の地域利益誘導型(正しい表現かは分からないが)の政治家であり、協調主義的なロシア外交を展開していた同氏だというのだ。そして、この2つの潮流は異なるベクトルを持っており、容易に両立しうるものではなく、いずれ揺り戻しが起こる可能性があると看破している。そして、実際にそれは起こりつつあるのではないだろうか。

印象として

 ボクは本作を著者が登場する別の対談集で知った。そちらの対談集で感じる著者の印象は、自らの業績に酔いしれるエリートというもので、若干、鼻持ちならなく感じた。しかし、本作から感じる印象は、冷静な分析者のそれである。一体どちらが本当の姿なのだろうか。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く