『魔女の宅急便』の主人公キキは痛くてホウキにまたがれない!サザエさんはかなりの肩こりだと推測される

3679viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラジオ空想科学研究所〈第2夜〉 (空想科学文庫)

概要

日曜日夜10時30分からニッポン放送でお届けしている『武井咲と柳田理科雄のラジオ空想科学研究所』を書籍にした一冊です。

番組はの内容は漫画やアニメ、映画などの世界を科学的に検証する「空想科学分析室」とリスナーからの疑問にその場で答える「空想科学電話相談室」を柱にオンエアされています。

この書籍で扱っているテーマは『女性キャラクター』や『恋愛』を中心としたものです。

『魔女の宅急便』の主人公・キキは痛くてホウキにまたがれない!

◆ホウキにまたがるだけだと痛い
 ・キキの魔法は飛ぶのホウキだけで、魔法自体はキキにはかかっていない
 ・乗っているだけと考えると棒の細い幅に全体重がかかるので、体重が重いと股がかなり痛いはず
 ・急浮上するシーンもあるが、ただでさえ痛いのに、あれはかなり負担が大きいはず

◆キキの足が常人の2・3倍重くないとダメ?
 ・ボールペンにリカちゃん人形を乗せると普通はすぐに回転して落ちる
 ・ホウキをまたがると股間でそれを支えることになる
 ・乗る人の重心がお腹辺りにあると、リカちゃん人形のように不安定で回転してしまう
 ・それでもキキがうまくホウキに乗れるとしたら、重心がかなり下にあったとしか考えられない
 ・つまり足だけがかなり太っていたと思われる(体重45kgだとして両足が16.2kgはあると)

◆キキは怪力の持ち主
 ・トンボくんを助けるためにデッキブラシで飛んで落ちた救出をした間一髪でキキ
 ・トンボくんはそのとき3秒間は落ちていた
 ・これは5×3×3=45mは落ちたことになる(5×時間×時間=落ちた距離)
 ・キキは45mも落ちたトンボくんを、たったの約50cmの距離で止めたと思われる
 ・これを実現するにはトンボくんの体重50kgだとしてその、45÷0.5=90倍である4.5tが必要

サザエさんはかなりの肩こりだと推測される

◆サザエさんは不思議な体を持っている
 ・サザエさんの身長が158cm(24歳の平均)だとする
 ・頭の直径は44cmで常人のほぼ10倍の大きさで32kg程度と推定される
 ・言い換えれば普通の人の頭の上に小学二年生が乗って生活しているのと同じ
 ・しかも首の直径は7.2cmでペットボトルと同じ太さ

『それいけ!アンパンマン』のドキンちゃん3tの巨大ハンマーを振り回す

◆恋のパワーは∞
 ・いちばん大きなしょくぱんまんを180cmと仮定する
 ・ドキンちゃんのハンマーは直径74cm、長さが90cmで鉄の塊だとすると重さは3tはある
 ・ある場面ではバイキンマンを14秒間、落ちてきた角度30°のときがありこれ距離3.4kmも飛ばしたことに
 ・ドキンちゃんは3tをハンマーを時速1000kmで振り回したことになり、パワーは6万t必要である

感想

他にもドラえもんの道具が実現するにはやイカ娘の体の秘密など面白い話が満載です。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く