Nozbe ノズビー クリエイティブ仕事術の書評

2226viewsozappaozappa

このエントリーをはてなブックマークに追加
できるポケット [公式ガイド] Nozbe ノズビー クリエイティブ仕事術

デビット・アレン氏が著者で有名なGTD本として以下3冊がある。
・初めてのGTDストレスフリーの仕事術
・初めてのGTDストレスフリーの整理術
・ひとつ上のGTD 初めてのGTDストレスフリーの整理術実践編
これらの著書の中でデビット・アレン氏は「GTDはツールを選ばない」と語っている。
そのため、どこか抽象的で、具体的に何をどのように行動すればいいのかわからずなんとなくGTDっぽい物を自分自身で模索しながら行ってきたが、いまいちしっくりと来ていなかった。

そんなときにふと本屋で見かけたのがこの本{できるポケット「公式ガイド」Nozbeノズビークリエイティブ仕事術」であっった。
本屋で見かけた第一印象は「こんなマニアックなサービスの本出版されているんだ」と思っただけであった。
そんなマニアックなサービスの本を書く人、出版社が好きなため、応援してあげようという理由だけで購入した。
Nozbeの名前は聞いた事があったものの「比較的割高なToDoツール」くらいの認識であった。

しかし、そんな軽い気持ちで購入した本が、今までのデビット・アレン氏の著書をしのぐGTDを具体的にどのように活用するのかが書かれているGTD本として待ち望んでいたものであった。
デビット・アレン氏のもっとも新しい著書「ひとつ上のGTD〜」が発売されたときに求めていた内容が書かれていた。

ツールを選ばないGTDを、あえてツールをNozbeに固定し書かれている。
前半はNozbeの登録方法など、Webサービスを使い慣れている人にとっては若干簡単過ぎる内容ではある。
そういった部分は本を読むとき読み飛ばしていた。
が、この本に関してはそういった基本操作ひとつひとつに「GTDを活用するため」の文言が入っていたりするから、隅から隅まで読んでしまった。

Nozbeを知った事ではじめてGTDの効果を実感する事が出来ている。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く