ヤクザ社会で育まれてきた14のクレーム処理テクニック

4225viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクザに学ぶクレーム処理術 必ず勝てる14の鉄則 (祥伝社黄金文庫)

概要

現代ヤクザは拳銃を打ち、日本刀を振りかざしていない。

「掛けあい」という交渉を、より重要性を占めるようになっています。

そんな厳しいヤクザ社会で育まれてきた14のクレーム処理テクニックを紹介します。

14の鉄則

1.ヤクザの「掛けあい」こそ、クレーム処理の真髄
2.胎を括り、筋を通せば自ずと道は開く
3.不利な状況を一変させる交渉術
4.誠意は見せかたしだいで、良くも悪くもなる
5.事実を把握し、裏づけを取れ
6.驕るなかれ、弱い相手を見くびれば命取り
7.情報を握る者が勝つ!
8.クレーマー相手の話術はヤクザに学べ
9.何を握り何を守るのか、相手の顔を立てろ
10.沈黙は金、だが雄弁も金である
11.思考の瞬発力!! 臨機応変に対応せよ
12.謝罪方法、口調で支払いは高くも安くもなる
13.弁護士や法律に頼るのは、ときに逆効果
14.クレームをうまく通すケーススタディ

感想

日本国民一億総クレーマー時代には、役立つ便利な一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く