お金を稼ぐ人の時間と頭の使い方

4295viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
残念な人のお金の習慣 (青春新書プレイブックス)

概要

2012年1月7日の放送王様のブランチで新書1位を獲得した話題沸騰の一冊です。

能力もありやる気もあるがなぜか、考え方――プライリティ(優先順位)――が間違っているために、結果の出ない残念な人がいます。

彼らの考え方を知り、正しい考え方を学びましょう。

お金を稼ぐために決定的に重要なこと

◆なぜある公立高校の吹奏楽部でも全国大会常連なのか?
 ・彼らのゴールは「パフォーマンスによって観客を楽しませる」
 ・普通の学校のゴールは「額面通りに演奏する」
 ・この目標の違いがいちばん影響している

◆ゴールが変わればプロセスが変わる
 ・普通の学校のゴールとは違い、彼らにとって完璧な演奏はゴールではなく通過点
 ・少しでも頑張って観客を楽しませようと努力を続ける

◆最高ラインではなく、最低ラインのほうが大事
 ・周りのレベルが高いので、自分を早く追いつこうと知恵を絞る
 ・飲み込みが遅い人は、残ってでも家でも練習に費やす

◆これをビジネスマンで当てはめると?
 ・目標が適切なら自分でもっと成果を出そうと努力する
 ・もし時間が足りたいなら、残業してでも頑張って残る

◆全ては目標による
 ・目標がはっきりしていれば、自分に何が足りないかわかる
 ・成功している人は恥ずかしいから言わないだけで、実は目標が年収でいくらと明確

お金のためのすべてを変えろ

◆給料が決まる3つのポイント
 ①あなたが携わっているビジネス
  ・市場規模が大きく、成長性があって、利益率が高い
 ②あなたのポジション
  ・社内で高いポジション(社長に近い)
 ③職能
  ・中心的な業務(商品を売る、売れる商品を開発できる、間接部門でも自分しかできない仕事を持つ)

◆人並み以上に稼ぐには自分でビジネスをやるしかない
 ・日本の富裕層は2%で大半は医者と経営者
 ・社会人は医者になるには資格取るだけでも大変
 ・でもビジネスなら資格も学歴もいらない
 ・市場が欲しがる商品・サービスを顧客を見つけて売ればビジネスは成り立つ

お金を稼ぐ人の時間と頭の使い方

【稼げる人の特徴は?】
◆時間の使い方
 ・仕事の仕組みそのものを作るなど時間当たりで生産性が計れないものをする
 ・時間ではなく成果と賃金が交換なので、余った時間をまた仕事に使える

◆時間の投入量
 ・人生のプライオリティは仕事
 ・休日も関係なく仕事をし、時間も多くかけている

◆時間配分
 ・時間配分が明確で、1日24時間の使い方を把握している

◆Todoリストがある
 ・Todoリストを作り、作業時間を見積もっている
 ・正確に見積もっているので、次に仕事を渡す相手へタイミングもスムーズ

◆相手のことを考える
 ・納期を具体的に必ず伝える

◆自分の目で確かめる
 ・稼げる人は自ら動いて自分で確かめる
 ・正しい情報が得られ、失敗するリスクも減るから

【稼げる人と稼げない人の違いは?】
◆お金の使い方
 ・稼げない人は財布や残高を気にしてものを買う
 ・稼げる人はその物事に払ったことで得られる価値に重点を置いて買う

◆お金の発想
 ・稼げない人は、お金は人からもらうもの
 ・稼げる人は自分が提供した価値の対価

◆人の付き合い方
 ・稼げない人は悪いところばかり見るのでケンカする
 ・稼げる人は長所を見る(長所を伸ばすことでしかお金を稼げないという基本がある)

◆税金の払い方
 ・稼げない人は小額しか払っていないのに不満を言う
 ・稼ぐ人は黙って多額を払う。(もし文句があるなら政治家になるか、似た考えの政治家を選ぶ) 
 ・自分でどうしもないことの時間を払わず、その分を稼ぐために使う

【稼ぐ人になるには?】
◆品質基準が高める
 ・稼げる人は品質基準が高い
 ・品質基準は教えてもそう簡単に伸びるものではない
 ・基準を伸ばす3つのテクニック
  ①物販(ネットオークションでもフリマでも自分でモノを売ってみる)
  ②弟子入り(やりたい仕事に近い職場で働かせてもらう)
  ③100冊読む(過去の自分の仕事に関する本を100冊読み説明できるレベルになる)

◆社内の人脈を作る
 ・稼げない人が○○ハックなどといいながら作業効率をアップさせるテクニックに腐心している
 ・勉強会など社外の人脈は主催以外は参加しても意味がない
 ・挨拶をして社内の人脈を作ったほうが、うまく仕事が進む

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く