世界一周ルートの作成法、旅で活躍する秘密の持ち物

3162viewsneko6neko6

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界一周航空券Perfect Book【新版】

世界一周航空券とは

・世界を一周するルートをつないだ複数の片道航空券のセットのこと

・ルートは自分で決められる

・買う前にすべてのルートを決めておく必要がある

・最大16回もフライトできて、30万円台~と破格の値段

世界一周ルートの作成法

1、どの世界一周航空券を選ぶか?

 ・行きたい都市をリストアップしてみる

 ・旅行日数と訪問都市数を数える
   →日数÷都市数=3~4日程度が◎

 ・ランクづけして優先順位をつける
   →Aランクは赤、Bランクは青、Cランクは黒のように、世界地図に色付け

 ・各世界一周航空券の得意エリアで選ぶ
   →南米を含む5大陸以上に赤印:「ワンワールド・エクスプローラー」が有力
   →アジア、ヨーロッパ、北中米が中心:「スターアライアンス」が有力

2、どのようなルートを組むか?

 ・就航図を参考にして、空港を線で結ぶ

 ・フライト制限数(最大16回)を超えないように注意
   →近距離は陸路で移動したり、別途、格安航空券を買い足す

 ・ルールの確認とルートの微調整をして、旅行会社で航空券を購入。

旅で活躍する秘密の持ち物

・iPhone(iPod):wifiでインターネット、skypeで無料電話

・パックセーフ:ドミトリーに泊まるときなど、盗難予防に◎

・布ガムテープ:モノの修理、補強のほか、栓のないバスタブ用にも

・蚊取り線香:日本製の蚊取りグッズは世界一

・日本のお土産(折り紙、5円玉硬貨、ミニ招き猫、家族の写真…など)

・チェキ(ポラロイドカメラ):写真をお礼にプレゼントできる

・懐中電灯:よく停電になる国もあるので。頭につけるタイプだと両手があく。

・電子辞書

・耳栓:安宿やドミトリーなど騒がしい場所での安眠グッズ

・速乾タオル:畳むと小さいのに吸収力抜群

・爪切り、耳かき

・ビーチサンダル:安宿や、シャワー室で活躍

・日本のレトルト食品(味噌汁、しょうゆ、カレールー、梅干)

・十徳ナイフ:果物のカットなどに◎うっかり機内に持ち込むと没収されるので注意

・タコ足コンセント:ドミトリーでは、一つのコンセントが取り合いになるので

・小型の電卓:値段の交渉時など、語学力が足りなくても数字で見せれば話が早い

・ジップロック:頑丈なので、通常の小物入れのほか、熱が出たときの水枕にも

・除菌用品(ウェットティッシュなど)

・アルミ保温シート:ポケットサイズに折りたためるのに、毛布のように暖かい

・スティック型のコイルヒーター:手軽に暖かい飲み物が飲める

・トイレットペーパー:アジアでは紙のないトイレが多いので

旅人100人が選んだ世界のベスト3

<あなたが選ぶ究極のスポットは?>

 1、ウユニ塩湖(ボリビア)
 2、ヒマラヤとエベレスト(ネパール)
 3、サハラ砂漠(モロッコ)
   イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)

<人がとびっきり温かい国はどこでしたか?>

 1、タイ
 2、オーストラリア
 3、トルコ

<絶対に見ておくべき遺跡・建造物は?>

 1、アンコール(カンボジア)
 2、マチュピチュ(ペルー)
 3、ぺトラ(ヨルダン)
   モアイ像(イースター島)

感想

夢だった世界一周が、意外と簡単に実現できそうかも…と感じられる一冊です。

世界一周航空券Perfect Book【新版】

世界一周航空券Perfect Book【新版】

  • 世界一周堂,地球一周コミュニティ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く