英語は絶対、勉強するな! 英語を第二の母国語にする 5つのステップ

4398viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
英語は絶対、勉強するな!―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ

概要

英語を学ぶな!ということではなく、「勉強する」より「慣れる」ことが早くマスターできるという一冊です。

もともと韓国でベストセラーとなっていた本の翻訳版ですが、

今の日本でも同じような(学生時代から学び、英語塾に通っても、できない人が多い)ことがいえそうです。

英語は勉強するな!

◆なぜ習得できないのか?
 ・中学高校と6年間勉強しても使えない
 ・身体的な特徴というわけでもない
 ・英語塾に通う根気があっても4分の1は習得できていない
 ・エリートも語彙力はあっても、聞く話すができない
 ⇒そもそも英語の学習方法に問題があった!

◆学ぶよりも慣れろ
 ・外国語も自国のように覚えるのがベスト
 ・ピアノを弾くのと同じで原理よりも体がなじむまで動きを習慣化させる
 ・勉強をしようとするから楽しくなて途中で諦めてしまう

英語を第二の母国語にする 5つのステップ

①完全に聞き取る
②完全に書き取る
③英語の語彙や表現方法に精通する
④生きた英語を完全に体得する
⑤英語文化を理解し、幅広く英語力を深める

第1ステップ 完全に聞き取る

◆4つのポイント
 ①自分の水準に合った(ちょっとレベルの劣るもの)カセットテープを用意する
  ・内容は目的や趣味に合わせて
 ②テープを最初から最後まで聞き通す
  ・一日に二回。無心で通す
 ③毎日続けるが6日間に1日は休む
  ・新しい言語を覚えるには、整理する時間が必要
 ④テープの内容が完全に聞き取れるまで続ける
  ・意味がわかるではなく、音声が聞き取れる(耳が慣れる)が大切

第2ステップ 完全に書き取る

◆7つのポイント
 ①最初にききとれるようになったテープを使う
 ②内容を最初から最後まで聞こえたとおりにすべて書き取る
 ③単語ではなくセンテンス(文章)ごとに書き取る
 ④聞き取りが終わったら、単語のスペルを英英辞典で確認
  ・意味ではなく、音とスペルを一致させる
  ・英英辞典を使うことで、英語で考える習慣を作る
 ⑤完成した書き取りを、大きな声で最後まで読み通す
  ・不明な箇所は聞きなおす
 ⑥すべての文章が口になじんだら終了
 ⑦毎日続けるが6日間に1日は休む

第3ステップ 英語の語彙や表現方法に精通する

◆6つのポイント
 ①書き取りしたテープでわからない単語の意味を英英辞典で調べる
 ②辞書に記されている解説や例文を書き出してみる
 ③わからない単語がなくなるまで続ける
 ④一時間を目安に辞書を引くのをやめる
 ⑤書き出した解説例文を完全に体化するまで朗読
 ⑥一週間に一日は休む

第4ステップ 生きた英語を完全に体得する

◆4つのポイント
 ①字幕なしの洋画のビデオを用意して毎日1本見る
  ・ビデオを使うことで、文化も学べる(討論番組やドラマでもいい)
  ・字幕がないことで文化的な背景も学べる
  ・最初からビデオではないのは視覚に頼らないようにするため
 ②第1ステップと同じ聞き取りを行なう
 ③聞き取れたら第2ステップと同じく書き取り
 ④第3ステップと同じようにわからない単語を調べる
 ⑤何本かビデオを同じことを

第5ステップ 英語文化を理解し、幅広く英語力を深める

◆6つのポイント
 ①英字新聞(米で発行されたもの)の最新版を手にいれる
 ②社会面から短い記事を読んでみる
  ・誰かに聞かせるつもりで大きな声で朗読
 ③頭に入ったら暗唱をする
  ・思い出せない言葉は適当に埋めておく
 ④すらすら話せるようになったら次の記事を
 ⑤意味のわからない単語は一面全て読み終えたら、第3ステップと同じく調べる
 ⑥社会面ができたら、政治、家庭、文化など広げてみる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く