落合博満氏のリーダーとしての考え方

3163views前田忠志前田忠志

このエントリーをはてなブックマークに追加
采配

現役時代は三冠王、中日ドラゴンズの監督になってチームを53年ぶりの日本一にみちびいた元プロ野球選手・監督の落合博満氏の本。

落合監督のリーダーとしてのものの考え方が随所にあふれ、また、ビジネスでの実践的な視点も提供される。

第一章

「自分で育つ人」になる。「孤独に勝たなければ勝負に勝てない」など。

第二章

勝つということ。「負けない努力が勝ちにつながる」など。

第三章

どうやって才能を伸ばすのか。「ミスは叱らない。手抜きを叱る」など。

第四章

本物のリーダーとは。「任せるところは1ミリも残らずに任せきる」など。

第五章

常勝チームの作り方。「自分で考え、動き、成長させる」など。

第六章

次世代リーダーの見つけ方、育て方。「プロフェッショナルは段階を踏んで育てる」など。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く