かんき出版まとめ!サクサク書けるビジネスメール入門のポイント紹介!

2666viewsかんき出版かんき出版

このエントリーをはてなブックマークに追加
サクサク書けるビジネスメール入門

ビジネスの現場では、ちょっとした用件でもメールで伝えることが日常化しています。でも、「こんな言い方したら失礼かな?」「この場合の言い回しがわからない!」と、パソコンの前で固まってしまうことも多いはず。本書では、用件や状況に応じたメールの書き方を豊富な例文で紹介。この1冊で、相手に好感を持たれるメールがサクサク書けるようになります!

基本のき

まずはルールをマスターしよう

●ビジネスメールはパターンだ!

プライベートのメールよりずっと簡単!?
○プライベートのメールとはまったくの別物!
○ビジネスメールにはパターンがある

●メール上手はビジネス上手

きちんとしたメールが書けると、好感度もチャンスもUPする
○手紙や電話とともに、上手に使いこなす
○ちょっとしたひと言で心配りが伝わる
○ちゃんと書けると、きちんとした人に見える!
○相手によっては、親しみを込めて

●ルールとマナー

「これをおさえればバッチリ!」のルールとマナー
○知っておきたいルールとマナー

●文章の組み立て

基本的な構成どおりに書けばビジネスメールのできあがり!
○ビジネスメールには決まった構成がある

●宛先・件名・添付ファイルなど

宛先や件名、添付ファイルのマナーも手を抜かない
○本文以外の部分にも気を配ろう

●文章の書き方

簡潔でわかりやすい文章の書き方とは?
○改行を使ってスッキリ、わかりやすく
○「記書き」や「箇条書き」を活用する
○用件を一文でまとめる
○主語と述語、修飾語と被修飾語

●敬語

正しい敬語を使えば、デキる人に見えてくる!
○正しい敬語で好感度UP

場面・状況別文例集

1御礼のメール
御礼の気持ちを具体的に伝え、すぐに出す!

2挨拶のメール
挨拶文は丁寧な言葉で気持ちを伝える

3お祝いのメール
お祝いのメールはなるべくマメに送りたい

4問い合わせメール
何を問い合わせたいのか、相手にしっかり伝えよう

5依頼・お願いのメール
相手を立てたり、讃えたりが大切!

6営業メール
ちゃんと開いてもらうためにも営業メールはタイミングで勝負!

7承諾のメール
承諾の姿勢をはっきりする

8送付確認のメール
確認作業をきちんとすると信頼される

9案内メール
案内メールは安くて早くてとても便利!

10お詫びのメール
誠心誠意、心を込めて謝罪の言葉を述べる

11お断りのメール
NOと言わずにNOを伝える

12抗議・催促のメール
感情的にならずに事実を客観的に伝える

13答えに困るメール
いざとなったら電話で対応

14お見舞いメール
メールでのお見舞いも時と場合によってはOK

15冠婚葬祭関係のメール
メールで連絡を受けたら取り急ぎメールで返信してもOK

16社内メール
儀礼的な言葉を省き簡潔にわかりやすく書く

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く