かんき出版まとめ!社員みんながやさしくなったの内容紹介!

2554viewsかんき出版かんき出版

このエントリーをはてなブックマークに追加
社員みんながやさしくなった

ハンディが大きい障がい者の雇用を2020年までに1000人、月給25万円の給料を払うと宣言している会社がある。
全国に事業を展開し始めたこの会社の強い思いとビジネスの仕組みは各社の注目を集め、毎月の事業説明会は増える一方。
本人と家族に喜ばれ愛される会社のあり方は、業界・規模を超えて経営を見直す原点となる。

1章 なぜ障がい者を雇用するのか

 1「なぜ私たちを雇ってくれるの?」
 2 思うにまかせられなかった障がい者雇用
 3 障がい者雇用の意識改革を
 4 障がい者がもたらしてくれるもの
 

2章 障がい者雇用にかける情熱

 1 障がい者だけの会社をつくる
 2 仕事の確保 グループ企業の強みを生かす
 3 仕事の配分 生きがいを追求する
 4 仕事をまわしていくための工夫

3章 努力が支える感動の劇場

 1 社会人として働くための訓練
 2 ハーモニーの1日
 3 ハーモニーを支える熱いスタッフたち
 4 FDメンバーの努力
 5 家族との連携

4章 小さな取り組みが多くの人を動かす

 1 ハーモニーの影響力
 2 人は感動するとファンになる
 3 それは小さなきっかけから始まった

5章 社会に貢献する企業であり続けたい

 1 社会起業家として夢を追求する
 2 独立して社会起業家のスタートを切る
 3「5大採用」の実現にまい進する
 4 会社の目標は全員が幸福になること
 5 理想と現実のギャップを埋めるために

6章 雇用イノベーションを目指して

 1 新たなる挑戦 FDメンバーの雇用創造宣言
 2 多面的な連携と協働が雇用創出には不可欠
 3 雇用イノベーションに向けた意識改変革を

著者:渡邉幸義

1963年沼津市生まれ。1986年武蔵工業大学機械工学科(現、東京都市大学)を卒業後、日本ディジタルイクイップメント株式会社(現日本HP)入社。1996年、(株)エヌ・アンド・アイ・システムズ代表取締役副社長に就任。 2000年1月、10坪のガレージオフィス、従業員数4名で(株)アイエスエフネットを創業し、代表取締役に就任。その後、ブルーオーシャン戦略で着実に成長を重ね、社員数は創業11年で400倍の1600名を突破、現在は全国に19拠点、海外にも6カ国展開している。「雇用の創造」を会社の大義に掲げ、経歴に関わらず、意欲のある人間を採用することを実践している。ニート/フリーター・障がい者、育児や介護従事者、引きこもり、シニアをはじめとして、不況下の日本において難しいとされている層の雇用にも積極的に取り組みながら、黒字成長を続けている。著書に『「未来ノート」で道は開ける!』(マガジンハウス)、『社員みんながやさしくなった~障がい者が入社してくれて変わったこと~』(かんき出版)がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く