プロフェッショナル・アントレプレナーの成長するビジネスチャンスを見極めるエッセンス

2487viewsyuuya1986yuuya1986

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフェッショナル・アントレプレナー 成長するビジネスチャンスの探求と事業の創造 (ウォートン経営戦略シリーズ)

【紹介・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

ウォートンスクールの上席教授陣が選んだ世界第一級のビジネス著作物の数々から、日本のビジネスパーソンのために厳選した新しいビジネス書のシリーズ。
タイムリーかつ斬新、コンセプトが明瞭で実行可能である、新しいビジネスを切り拓いていくための、ポストMBAの実践書。

マイクロソフト、シスコ、グーグルに匹敵する企業を創る!成功する起業10の条件。

それは勝てる戦いなのか?
既存の勢力に打ち勝ち、新規事業を成功に導く「プロ」の戦略。経営者・起業家・新規ビジネス・MOT関係者必読。

【目次】(★はおすすめ)

第1の鉄則  有利な産業を選ぶ
第2の鉄則  価値あるビジネスチャンスを発見する
第3の鉄則  テクノロジーの進化を制する
第4の鉄則  本当の市場ニーズを発見し、それを満たす
第5の鉄則  購入者の意思決定と市場の力学を理解する
第6の鉄則  既存企業の弱みにつけ込む
第7の鉄則  知的財産を管理する
第8の鉄則  イノベーションの利益を占有する
第9の鉄則  最適な事業体制をとる
第10の鉄則 リスクと不確実性に対処する

【要約・エッセンス】

本書は成功するために必要な「起業化のしての特性」ではなく「優れたビジネスチャンスをとらえる」ことに重点を置いている。

◆ベンチャー企業の成功を左右する4つの要素

・知識特性(以下5つの要素を含むものは避ける)

製造プロセスが複雑
新しい知識の想像が多く必要
知識が十分に文書化されていない
イノベーションの生まれる場がバリューチェーンの内部にある
製造とマーケティングが付加価値の大半を占める

・需要特性(以下3つはベンチャーにとって有利なもの)

市場が大きい
成長が早い
非常に細分化されている

・産業のライフサイクル

成熟した産業よりも新しい産業の方が有利
支配的デザインが生まれる前に算入するべき

・産業構造(以下4つはベンチャー企業にとって不利)

資本集約度高い
広告集約度が高い
シェアの集中度が高い
企業の平均規模が大きい

新しいビジネスチャンスは必ずしも新しい製品やサービスの形をとるとは限らず、新しい素材・事業体制・製造プロセス・市場の開拓によっても生まれる。

新しい製品やサービスを購入する人は、ふつう正規分布する。

・既存企業の持つ弱み

現在のお客を満足させる必要があるため思い切った施策を打ちづらい
既存の従業員に報奨を与える必要があるため業態転換に制約が生じる

新しい製品やサービスの多くは大手の既存企業によって模倣されやすいので、資源の支配やブランドイメージの構築、先発企業の優位性などを用いて利益を独占する必要がある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く