手抜き上手で仕事の達人になる「手抜き」術

6074viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事が10倍できる人の「手抜き」術 (East Press Business)

概要

「手抜き」上手は仕事の達人

あなたが本当にやるべき仕事に集中して、ほかの仕事は手を抜くべきである

あなたはも手抜き上手で仕事の達人になるコツをこっそり伝授

なぜ仕事ができる人ほど「手抜き」がうまいのか?

◆仕事ができる人がしないこと
 ・ダラダラ残業
 ・必要以上の長電話
 ・二度手間、三度手間
 ・スキマ時間を無駄に過ごす
 ・重要ではない頼まれ仕事
 ・ルーティンワーク

◆仕事のできる人の特徴
 ・重要な仕事   ⇒集中して短時間で
 ・重要ではない仕事⇒手を抜く

◆ポイント
 ・重要でない仕事で手を抜き、重要な仕事を短時間で片付ける
 ・手を抜いて余った時間を利用して、重要な仕事に注ぎ込むことが大事!

手を抜いてもいい仕事 抜いてはいけない仕事の見極め

◆手を抜いてはいけない仕事
 ・信用にかかわる仕事
 ・お金にかかわる仕事
 ・個人情報にかかわる仕事
 ・品質にかかわる仕事
 ・安全にかかわる仕事

◆手を抜いてもいい仕事
 ・上記以外は「手を抜いていい仕事」である
 ・社内的な仕事には手を抜いていい仕事が多い

手を抜いている人の習慣

◆効果的な手抜き方法
 ・プライムタイム(生産性の高い時間)にはやらない
 ・極力、人に任せてしまう
 ・待ち合わせ時間などあいた時間に手をつける

◆先延ばしをしない
 ・先延ばしをしない3つの方法
  ①自分しめきりをつける
  ②周囲に公言する
  ③見える化する

◆上手にノーを言うことができる
 ・代案を出せる
 ・とにかく謝りを入れる
 ・ウソも方便

◆できるかぎり自分でやらない
 ・やらないための5つのヒント
  ①任せる
  ②教えてもらう
  ③調べてもらう
  ④手伝ってもらう
  ⑤相談する

◆私用の時間を死守する
 ・自分で自分のスケジュールを押さえてから、他のアポを入れる
 ・自分の時間の優先順位を一番にする

仕事が早くなるしかけ

【大事な仕事をする時間を決める】
 ・時間帯ごとにするべき仕事のランク(優先順位)を決めてしまう
 ・時間帯をあらかじめ、A、B、Cと決めておいて、そこにやるべき仕事をいれる

◆ポイント
 ・午前中はもっとも成果が上がりやすいので、重要な仕事
 ・15時くらいも午前中の次に成果があるがるサブプライムタイムである

【例】
10:00~11:00⇒Aランク(クライアントの打ち合わせ、社外用資料作りなど)
11:00~12:00⇒Bランク(上司への報告)
13:00~14:00⇒Cランク(経費の精算)
14:00~15:00⇒Bランク
15:00~16:00⇒Aランク

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く