なぜわかりやすい文章を書く必要があるのか?わかり易い文章を書くための5つの技術

2759viewsはにほーはにほー

このエントリーをはてなブックマークに追加
「分かりやすい文章」の技術―読み手を説得する18のテクニック (ブルーバックス)

わかりやすい文章とは何か? なぜわかりやすい文章を書く必要があるのか?

分かりやすい文章とは、

・書き手の意図を読み手にわかりやすく伝え
・確実に目的を達成するために書く

文章のこと。分かりやすい文章とは最終目標を達成するための中間目標。

では目的と何か。
同意を求めない文章と求める文章で分かれる。
ビジネス文書を書くならば同意を得ることが目的=説得の成功が目標になる。

文章はプログラムに比べると曖昧であり、
読み手はいつも書いたとおりに動いてくれるわけではない。
また文章は論理的に少々間違っていても通じればいいと考えられがち。
しかし、論理に問題があると、人は同意してくれない(斜め読み耐性に関わる)

この「曖昧さ」と「論理的なユルさ」を意図的に避けて、意図が伝わり、相手を説得できる文章を書く。

わかり易い文章を書くための5つの技術

構成の技術(分かりやすい文章構成で、全体を素早く伝える)

レイアウトの技術(ポイントを目立たせて伝達漏れを防ぐ)

説得の技術(論理的に正しく、引っ掛かりを作らない文章を書く)

センテンスの技術(詳細を読むとき、細かい気遣いをする)

推敲の技術(ムダを省き、丁寧で自然な表現を心がけることで相手の不快を避ける)

詳しくはすでにまとめられているのでこちらを参照して下さい。私のまとめはこちらにない「なぜ分かりやすい文章を書く必要があるのか」を補足するものとして利用して下さい。

http://bukupe.com/summary/2441

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く