不況になると口紅が売れる理由。生活が楽しくなるような刺激のあるサービスや商品を生み出すためのヒント

2993viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
不況になると口紅が売れる (マイコミ新書)

概要

不況になると口紅が売れる理由の一つは、暗いご時世だからこそ、少しでも綺麗になって明るさを取り戻そうという心理があるといわれている。

苦しいときほど、笑いや遊び、ストーリー性のある生活が求められている。

生活が楽しくなるような刺激のあるサービスや商品を生み出すためのヒントがつまった一冊。

生活を勝手にエンターテイメント化する人びと

◆日常の生活の「エンタメ化」進んでいる
 ・車やバイクを改造
 ・二次創作による改作
 ・キャラ弁など装飾
 ・ペン回しさえも極めて求道
 ・テレビ番組などに舞台に巡礼

◆「買う」「使う」から「悦ぶ」「楽しむ」へ
 ・商品を利用した「娯楽開発」の4つの特性
  ①笑いやユーモア、シャレに満ち溢れている
  ②なんでもないことを遊びにしたりゲームにして、エキサイティングに
  ③自分が主人公となり、成長したりできる仕組みを作る
  ④既成品に働きかけ、自分なりのオリジナリティを生み出す

娯楽化

◆「辛い・苦しい・面倒」を楽しく
 ・毎日の家事を楽しくしてみる
 ・特に日本の食器洗いの時間は海外よりも長いので、そこを狙ってみる

◆待ってくれた人々にクーポンを
 ・待ち時間の公式「主観的な待ち時間=3.62×(実際の待ち時間-11.9秒)」
 ・3分待っていた人は、10分くらいにも感じてしまう
 ・逆に行列などに並んでいる人へサービスをすれば、満足度が上がる

◆ジョークな関係を
 ・真面目なホテルマンほどジョークを言ったら意外性で面白い
 ・ホテルマンにも劇団員や演劇部出身者を起用してみては

◆ゲーム化で学力向上
 ・寺子屋ではなるべく勉強を遊びに近づける工夫がされていた
 ・教育でも教えるから学んでもらうの工夫が必要

遊戯の法則

◆日常の雑務をスポーツ化する
 ・掃除だってスポーツになりうる
 ・腕痩せダイエット布団叩きがあってもおかしくない

◆モノ(商品)よりコト(ゲーム)より売ってみる
 ・遊び場やイベントの提供
 ・知識やノウハウを提供
 ・資格や褒章制度の提供
 ・仲間・師匠の提供
 ・周辺商品や道具の提供
 ・しきたり、流儀、作法の提供

◆リスペクト消費
 ・憧れの芸能人やスポーツ選手のマネをしてみたい
 ・ファッションだけではなく、ライフスタイルや価値観なども模倣する人も
 ・人の考え方、生き方、哲学を学びそれを商品化してみる
 ・いないなら創作してみたり、歴史上の人物をキャラクターにしてみる

◆追体験
 ・憧れの人と同じ体験をしてみたい
 ・アニメ・ゲームなどの世界を体験できるようにしてみる
 ・忍者、マンガのアシスタントなど職業体験も面白い
 ・他にも「冒険体験」「恐怖体験」「恋愛体験」「修行体験」など

主観化の法則

◆主役はあなた
 ・消費者は受け手ではなく、自己主張や自己表現するもの
 ・主役を演じてもらう仕組みを考えてみる

◆ユーザー参加型
 ・見る側から参加する側になってもらう

◆「してあげる」から「させてあげる」に
 ・キッザニアのように体験をさせてあげる

◆オンリー・ユー型
 ・「あなた専用のロゴマーク」「オリジナルヒーローを創作」「人生をオペラにして上演」など
 ・これからはオーダーメイドの時代

創作型

◆既成品では満足できない
 ・既製品では足りないので、自分で加工したいという欲求がある

◆手作り
 ・食品、雑貨、玩具、パッチワーク、車などオリジナリティを加えれるように
 ・ツッコミどころのある商品を出して、MAD動画を作ってもらう
 ・完全無欠の商品よりも、改変や余地があるものが魅力的

◆コミュニティ
 ・創作は一人でもくもくとしても面白くない
 ・同じ趣味のコミュニティを提供してみる

名言

遊びは文化の母です。「文化の日」があるくらいですから、「遊びの日」という国民の休日を設けるべきです。そうしたら、日本は最高にいかした国になれるでしょう

作品としての完成度よりも、使えるあどうか、使いこなせるかどうかにその価値はあると考えます。従って「本の中に書いてあること」よりも、「本からインスピレーションを得て自分で考えついたこと」のほうが、はるかに大事です。、

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く