高いパフォーマンスを上げる「かけ算」思考

3227viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる

概要

【成果=仕事の質×仕事の密度×仕事の量】

高いパフォーマンスを上げている人みな”かけ算”で仕事をしている。

そんなパフォーマンスの高い人の考え方を学べる。

結果を出す思考

◆働いている時間は自慢にならない
 ・労働の質と密度に焦点を当てることで、残せる結果は増大していく

◆ノウハウや技術だけでは結果に結びつかない
 ・それらを使いこなすだけの「成功者の思考体系」を学ぶ
 ・ノウハウやテクニックが生まれた背景や意図も考えて自分のものに

◆昨日の自分よりも0.1%でも成長する
 ・「成長率と継続年数の複利公式」で、1年後には44%も自分の能力が高まっている
 

◆大きなテーマを細分化する
 ・細分化すれば解決の糸口が見つけやすくなる

◆「どうやって与えるか」という発想
 ・後から利益はついてくるもの
 ・どうやって儲けるかではなく、まずは何を貢献できるかを

◆お金ではなく時間を割いてもらう行動をする
 ・忙しい現代ではお金よりも時間が貴重
 ・時間を割いてもらうことができれば、お金はそれほど難しくはない

タイムマネジメント

◆寝る前に予定を全て書き出す
 ・大量に書くことになるので時間に切迫感が生まれ、朝からエンジン全開で働ける

◆すべての学習は前倒し
 ・先に学んだ人と後で学んだ人では、成長のスピードが異なる
 ・一日でも早く知識を身につける

◆時間が取れない人は、テレビを観る1日1時間減らす
 ・年間15日(1時間×365日=365時間=約15日)、寝ずに働けるだけの時間ができる

◆1日をいくつかに区切る
 ・1日単位から、1時間単位に区切るだけで、時間密度は高まる

セルフプロデュース

◆何でもいいからナンバーワンを目指す
 ・日本で1番高い富士山だが、2番目以降は知らない
 ・1番以外には存在しないと思う
 ・やらないことを決めて、テリトリーをきめ、そこに全てを叩き込む

◆年収ではなく、自分の目指す時間単位を目標にする
 ・欲しい年収から時間単位にそれを稼ぐに必要な収入を割り出す
 ・「いまやっている作業だけで、それを稼げるのか?」と自問自答できる

◆現代のわらしべ長者を目指す
 ・自分の持っている資源を提供すれば、もっと価値の高いものがやってくる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く