「やる!」と決めたら実践したい10のこと

2634viewsあっきーあっきー

このエントリーをはてなブックマークに追加
「やる!」と決めたことが必ず続く24の法則

いくつになっても遅すぎることはない

何かを「やる!」と決めたら、とにかく始めてみよう。

早起き編

朝は、覚醒のための刺激として、光を浴びるとすっきり目が覚めます。
松下電工のASSAという光めざましがおすすめ!!

勉強編

机に向かってじっくり勉強しようとすると、時間を確保できず習慣化できません。
場所を選ばず、いつでもできる環境をつくりましょう。

1回の時間は短くても、回数を増やしたほうが効果的です。
学習は、繰り返し行うことで脳の中の新しい回路に電気がスムーズに流れるようにする必要があるのです。

忘却曲線を使って科学的な復習をしよう。

ロケットの法則

新しい習慣を始めるためには、「何のためにやるのか」という目的がなければ長続きしません。
その目的があるから、その前にある小さな目標が見えるのです。

イチローの法則

習慣を続ける一番の方法は、毎日同じ時間に同じようにやることです。

行動を楽しむ

ます、習慣そのものを楽しむことが大切です。
積極的に楽しむようになると、ドーパミンが出て、習慣が続くようになります。

環境を利用して強制力を発揮する

モチベーションを保てなくなりそうなときは、やる気を引き出すために環境を変えてみましょう。
お金をかけたり、仲間をつくるがおすすめです。

「面倒くさい」という気持ちを吹き飛ばす

どんなことでも計測をするようになると、時間を意識するようになります。

すぐやるクセをつける

すぐできることを後回しにすると、余計に面倒に感じてしまいます。
思いついたことは、すぐやるクセをつけて、すばやくこなしましょう。

取り組むべき「良い習慣」とは?

良い習慣はいろいろありますが、まずは一つの習慣を身につけることに集中しましょう。
一つの変化から大きな変化が生まれます。

・ジョギング
・早起き
・片付け

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く