ネットって結局何なの? 中川淳一郎に学ぶ「ウェブはバカと暇人のもの」だった!

2457viewstaigaaaaaaaaaartaigaaaaaaaaaar

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

はじめに

現場の人間とコンサルの人間などでネットに対するスタンスが違う。
「web2.0」って「頭の良い人」のものだけでないのか?
なので本書では「普通の人」「バカ」にまつわる話をする。

ネットのヘビーユーザーは、やっぱり「暇人」

ネット上でのやんちゃ行為は叩かれまくる。
「吊し上げの対象を血眼で探す」人が多く、匿名の個人として「絶対に勝てる論争」を仕掛けてくる。
また、ネットでは「何を言うか」より「誰が言うか」の方が重要。
ネットで叩かれやすい10項目
①上からものをいう
②頑張っている人をおちょくる
③既存マスコミの過熱報道に対して便乗
④書き手の「顔」が見える
⑤反日的発言
⑥誰かの手間をかけること
⑦社会的コンセンサスなしに叩く
⑧強い調子の言葉使い
⑨誰かが好きなものに対する批判、酷評
⑩部外者の発言

ネットは暇人にとっての最高の遊び場でブログやSNSの内容は「一般人のどうでもいい日常」。
もしくは発展中の有名人にとっての宣伝の場。
一方で、リア充はネットを情報収集の場として利用し、無料でマーケティングとして情報を得る。

現場で学んだ「ネットユーザーとのつきあい方」

雑誌は特定の嗜好をもった人を相手にした媒体で、嗜好に合うネタのためにお金を払って買ってもらうものである一方で、ネットは異なる嗜好を持つ人同士を同じ土俵に乗せ、意見を書くのも容易。
→「うんざりするドロドロの争い」の世界に。

ネットニュースでは新聞社の「特オチ」が意味を持たず、後発でも良い。
むしろ、一番目にはクレームがつきやすいというデメリットもある。

暇つぶしの道具としてウェブを使う「普通の人」や「バカ」の場合、web2.0の双方向性は運営者にとっては無駄。
なので現場で働く人が自分がその商品に一番詳しいという気概をもってユーザーと接すべき。

ネットでウケるもの
・話題にしたいものがある、突っ込みどころがある
・(B級感など)身近なもの
・非常に意見が鋭い
・テレビで紹介されたもの、ヤフートピックスが選ぶもの
・モラルを問うもの
・芸能人関係
・エロ・美人
・時事性

本来記事というものは「媒体特性=読者の嗜好」に合わせたネタを選び文章を書くもの。
「書きたいことがニュース」という判断で社会的ニーズよりも自分の欲求を満たすことに市場性があると勘違いしてはならぬ。

ネットで流行るのは結局「テレビネタ」

最強メディアは地上波テレビ
・「テレビで見た→ネットで検索&書き込み」という流れができている。
・雑誌はお金を払わなければ見られずコピペ出来ないから話題にはなりずらい。

テレビの凄まじい点
・世帯普及率が100%に近い点
・放送作家がちゃんとついていて説得力がありそうな展開にしている点
・芸能人に言わせている点
→芸能人の「テレビ人格」を本当の人格として鵜呑みにしている人は意外と多い。

ネットで話題になったものはマイナーでテレビを使わなくては一般的に認知されない。

テレビは収益の根幹の視聴率は有限
→視聴率の低下の一因としてネットを拒否
ネットは収益の根源のPVは無限
→ライバルのことは考えず、提携に目を向けたがる
両方、根幹的には「庶民の無料の娯楽」

企業はネットに期待しすぎるな

ネットでうまくいくための結論
・ネットとユーザーに対する過度な期待、性善説を捨てる
・ネガティブな書き込みをスルーする忍耐強さ
・クリックが最も重要、B級なものを発信する企業の割り切りの良さ
・ネットでブランド構築はやり難いことを理解
・小手先のネットプロモーションではなく本来の企業活動を頑張るべき

口コミが発生するのはあくまで面白いもの、突っ込みどころのあるもので
ネット向きの商品は、「親しみやすさ」も重要
ex.安くてコンビニで買えるもの
期間限定商品
CM出稿量の多い商品
独自すぎる商品
具体的数値の出る商品
一方あまりウケないのは「見出しが付けられない」もの

企業はネットの書き込みに対する耐性をつけ、スルー力を身につける必要がある
正しいことを発信している自信があるのであればネットでは良い意見だけを見ればいい。
サイトの閉鎖も「追い込まれるもの」ではなく「自発的に行う」もの

ネットを4媒体の延長と捉えるのはやめるべき。ネットは居酒屋みたいな「雑談の場」

ネットユーザーは企業のメッセージなど関係なく価格と効果を知りたいためブランドを作りにくい。

ネットはあなたの人生をなにも変えない

ネットによって爆発的な何かが生み出されると全ての人が翻弄されてきた。
ネットは興味あるネタを深く知る機会を与えてくれたが、同じ興味を持つ人にとって
Googleの検索は同じ結果をもたらす。

あくまで情報収集や情報伝達の効率的な道具としてインターネットはすばらしい。ただそれだけ。
ネットはもう進化しないし、あなたの生活を変えやしない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く