宇宙を味方にする方程式!毎日が楽しくなる、肩の凝らない3つの人生論

4254viewsneko6neko6

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙を味方にする方程式

概要

毎日が楽しくなる、肩の凝らない人生論がつまった一冊。

健康

<がんになりやすい職種ベストスリー>

1、マスコミ関係者
 (番組制作者や、原稿の締め切りにいつも追われている新聞記者など)
2、交通関係者
 (電車の運転士、飛行機のパイロットなど時間に遅れてはいけない仕事)
3、金融関係者
 (人のお金を預かって儲けさせなくてはいけない状況の人)

⇒数字に追われ、それを追いかけている人ががんになりやすい。

<笑っていると免疫力がものすごく高くなる>

・人間は一笑いで二千個のがん細胞を消滅させることができる。
(ガン細胞だけを見つけてやっつけるNK(ナチュラルキラー)細胞が倍増する)

<トイレ掃除でうつ病が治る?!>

・トイレ掃除をしていると、うつ病も治るという事実がたくさん報告されている。
 うつ病の人は自分で自分が嫌いだと言う人が多いが、トイレ掃除をしていると
 自分が好きになってくる。
 そして、自分で自分が好きになると、うつ病はあっという間に治ってしまう。

人生

<人生のテーマ>

・人生のテーマは、必死になることにあるのではない。
 いかに喜ばれてそこに生きているかということにある。

・人生に意味なんてない。
 目の前にあるものをただ黙って受け入れて、愚痴や泣き言を言わないで
 淡々と笑顔で乗り越えて生きていく。それが人生のテーマ。

<ストレス>

・世の中に不幸や悲劇と言う事実はない。
 そして、幸福という名の現象もない。
 それを自分で勝手に色をつけて見ているだけ。

・釈迦は「苦」の本質は「執着」であると言った。
 この執着をなくせば人間は悩み苦しみを滅することができる。

・ストレスというのは「自分の思いどおりにならない」ところから始まる。
 「思い」を持たなければストレスは生じない。

<すべての悩みは「そわか」で解決>

・お金と仕事の問題は、「掃除」をしていればなくなってしまう。
 体と健康の問題は「笑って」いればいい。
 人間関係については、感謝、「ありがとう」を言っていればいい。

<幸せ>

・ただ、何事もなく淡々と淡々と、穏やかに普通の日々が続くことが
 最高の神からの贈り物。

・あれが足りない、これが足りないと言うのを「感謝が足りない」と言う。
 物が足りないのではなくて、感謝が足りないだけ。
 本当の幸せの極というのは、何事も起きないこと。

<念=今の心>

・「念」という字は「今の心」と書く。
 今の心とは、今、目の前のこと、人、物を大事にすること。
 今、目の前の人を大事にし、今、目の前のことを大事にする。 
 これを「念を入れる」と言う。

<一番大事なもの>

・あなたにとって一番大事なものは常に一緒。
 目の前のこと、人、物が一番大事。

・人間というのは「この人が特別」と思った瞬間に違う対応を始める。
 この人は特別、この人は特別じゃないと分けて考え始める。

 目の前にあらわれた人すべてが、今100%全身全霊を傾けて大事にすべき人
 なのだから、大事じゃない人はひとりもいない。ゆえに、大事な人はいない。

<宇宙>

・「そうでなければダメ」と思った瞬間に、宇宙とはつながらなくなる。
 「売り上げが上がらなければ嫌だ」と思った瞬間に、
 「喜ばれるとうれしい」という神様の回線とつながらなくなってしまう。

<掃除>

・一流のスポーツ選手たちが朝部屋を出て行くと、
 部屋の中が使ったのかわからないくらいきれいに片付いていることが多い。

 一流選手ほど部屋がきれいにきちんと片づいている。
 その部屋のきれいさが実力どおり。

 たまに一流選手の部屋が荒れてるときは、その日の選手の成績が必ず悪い。

子育て

<質問は否定>

・聖書に「なぜかなぜかと問いかけることなかれ」という言葉がある。
 問いかけること自体が否定。

・子どもに「なんであなたは漫画ばかり読んでいるの?」
 「なんであなたは勉強しないの?」と言うのは質問しているように聞こえるが、
 実は「あんたが漫画ばかり読んでいるのが気に入らない」と言っている。

<ボーっとしている時間を認めてあげる>

・何もやっていない時間というのを認めてあげると、
 子どもは伸び伸びと大らかに育つ。

 何もやっていない時間を認めないと、
 すごくせわしなくて神経質な子どもになってしまう。

・ボーっとする時間というのは、自分で物を考える時間。
 すべて親が早く早くと指示してると、子どもは指示がないと動けなくなる。

・そのための重要なポイントは、親もみずからボーっとしている時間を持つこと。
  親がいつもいつも何かに追いまくられて、
 「忙しい、忙しい、忙しい」と言っているようではダメ。

<理想的な子育て>

・親が楽しそうに幸せそうに生きていると、
 子どももそういう生き方をしたいと思うようになり、
 親を一生懸命追いかけようとする。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く