すごい会議のやり方を行うための11の質問

3098viewswwooddwwoodd

このエントリーをはてなブックマークに追加
すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!

はじめに

米国に渡り、インターネット上のマーケティング会社GAZOOBAを設立した作者の実体験に基づくマネジメント法

すごい会議のやり方

・質問1
いま、うまくいってることはなにか?
 「イケル」感じのムードをつくる

・質問2
達成したいことはなにか?
 まず自分の経営の意思をつくる
 「X年Y月Z日までに~(測定可能なこと)を達成することによって~(精神的意味合い)となる」という文章を5秒で書く

・質問3
この会議で、達成したいことはなにか?
 この会議で得たい成果を紙に書いて発表してもらう

・質問4
誰を会議に呼ぶか?
 望む成果を得るために、マネージすべきことをリストアップし、誰を呼べば一番うまくいくかのリストをつくり、参加者への期待を明確にして招待する

・質問5
いま直面している問題はなにか?
 達成の障害となっている問題や懸念を書き出し、それらを「どのようにすれば~」のかたちに書き換える

・質問6
言えない問題はなにか?
 「言えない問題はなにか」を書いてから、「どのようにすれば~」のかたちに書き換える
 答えられないことに答えること、あなたのその覚悟に、この質問はチャレンジしているのです

・質問7
あなた自身のひどい真実はなにか?
 「あなた自身のひどい真実はなにか」の答えを書いて発表してもらう
 「自分のひどい真実」とは、悪いことではなく、あなたのキャラクターをつくっていることかもしれませんし、それがあったことによって、あなたをここまで成長させてくれた原動力かもしれません

・質問8
これからの6ヶ月~12ヶ月で、このチームの達成する成果はなにか
 組織で目標を立てる一番のメリットは、目標を立てなければ起こらなかったことの実現可能性が最大化することです

・質問9
戦略的フォーカスを達成するのに、必要不可欠な担当分野はなにか?
 ①目標達成するのに、各自が、自分がなにをすればいいのかが見えてくる
 ②問題が発生したときに、誰がイニシアチブを取ればいいのかがわかる
 ③サポートが必要なときに誰にリクエストすればいいのかが明確になる
 これが明確になり、合意されるだけでも、すごい差が生まれるのです

・質問10
それぞれの担当者が、いつまでに何を達成すれば、戦略的フォーカスが確実に達成されるのか?
 コミットメント・リストに各担当者のコミットメントを記入する。コミットメントの進捗を最低1週間に一度チェックするしくみを合意しておく

・質問11
いまから一ヶ月以内に、自分の起こす一番大きな、インパクトはなにか?
 各自が書いて発表する 

この本を使うコツ

①うまくいきそうなやつを、まず誰か使ってみる
②もし失敗したら「なぜ失敗したのか」を考えるのをいったんやめて、「どうすればうまくいくか」を考える
③最初はアレンジせずに手順どおりにやってみる
④共犯者を見つける

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く