「生き金」となるお金の使い方、お金が舞い込む考え方

5580viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方

概要

「生き金」となるお金の使い方とお金が舞い込む思考と技術を伝授

貪欲にお金を使う

◆お金を使うことでなぜ幸せが手に入るのか?
 ・自分にお金を使い磨けば、人生のチャンスが広がる

◆節約よりも投資
 ・生活不安が大きい現代だからこそ、より収入を増やすことに投資する

◆「死に金」と「生き金」
 ・死に金:評判を落とす
      ―「1万円で好きなだけ飲んできて」
 ・生き金:金額以上の評価を得る
      ―「1万円で好きなだけお茶でもしてきて」

◆良い借金と悪い借金
 ・良い借金:より多くの収入をもたらす借金
 ・悪い借金:自分の懐からお金が出ていくだけの借金

◆お金は使う人に集まる
 ・お金は情報と似ている
 ・独り占めしないで、発信すると集まるようになる

自分投資にお金を使う

◆自分に投資をする
 ・自分の成長を信じているなら、自己投資にお金を使える
 ・できないなら自分の将来を信じていないのと同じ

◆経験にお金を使う
 ・モノよりも経験にお金を使う
 ・経験は自分だけのもので誰にも真似できず奪えないので価値がある
 ・自分の人生を映画化したらいったい何人動員できるか?を考えてみる

◆一流を経験する
 ・一段上のサービスを受けて、自分をストレッチする
 ・一度味わうと、永遠に逃れなくなるので闘志がわいてくる

◆モノの価値を絶対額ではなくリターンで
 ・値札ではなく、将来にわたってリターンがあるかで判断する

◆新しいツールへの投資はメリットが大きい
 ・自分の時間を使わざるを得なかった作業を代行してくれる商品・サービスが増加
 ・うまく使えばお金で時間を買える

◆税金の勉強をする
 ・税金を勉強することで、合法的にコストを下げる
 ・将来手元に残るキャッシュが大きく変わる

自分基準の価値に投資する

◆買ったものは徹底的に使い倒す
 ・買う前に自分が使っているイメージをしてみる
 ・半額でも使わないなら買う必要はない

◆世間相場や常識に振り回されない
 ・買い物に支払うだけの金額に見合うだけの価値があるか
 ・他人がつけた値札ではなく、自分が認める価値、「自分相場」を知る

お金が集まる人の習慣を自分のものにしよう

◆相手を儲けさせる
 ・報酬は「相手に喜んでもらった対価としてあとからついてくるもの」
 ・まずは先に相手を儲けさせる

◆感動と好奇心にお金を使う
 ・「人間の幅を広げるものは3つある。人と会うこと。本を読むこと。旅をすることだ」
 ・感動は魂のごちそうともいわれ、脳に最も刺激を与える

◆お金のKY
 ・自分で使いたいときに使うよりも、相手の望むときにお金を使う心配りが必要
 ・相手のことを考えてお金を使おう

◆お金は感謝の印
 ・お金儲けの原理「価値を提供し、相手に喜んでもらって、お礼として対価をいただく」
 ・相手に喜んでもらっていない企業は、お金が集まらない

◆お金に支配されない
 ・お金がない状況を楽しむ
 ・道具としてのお金を好きになる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く