マクロ経済学の書評・感想

2306views学生学生

このエントリーをはてなブックマークに追加
マクロ経済学 (新経済学ライブラリ)

はしがき

 新経済学ライブラリーシリーズでおなじみのマクロ経済学の第二版。発売年度は2009年であり、比較的最近にでた本である。著者が三名の共著であることから、かなり濃い内容で、各キーワードの深さも程良く、マクロ経済学の全ての基礎項目を網羅している良書。

目次

Ⅰ 経済活動水準の決定(概説)
 1章 マクロ経済学とは何か? 
 2章 GDPの決定メカニズム
 3章 労働市場と完全雇用
 4章 不完全雇用経済と有効需要の原理

Ⅱ 経済主体の行動
 5章 家計消費・貯蓄行動
 6章 企業の投資行動

Ⅲ 貨幣経済活動
 7章 貨幣需要 
 8章 貨幣供給

Ⅳ マクロ諸変数の同時決定
 9章 マクロ経済の一般均衡
 10章 古典派経済学の体系
 11章 ケインズ経済学の体系
 12章 マクロモデルの比較

Ⅴ インフレーションと景気循環
 13章 インフレーション
 14章 景気循環

Ⅵ 政府の経済活動とマクロ安定化政策
 15章 政府の経済活動
 16章 マクロ安定化政策

Ⅶ 経済成長,国際マクロ経済学
 17章 資本貯蓄と経済成長
 18章 開放マクロ経済
 19章 経常収支と為替レート

構成

 Ⅶブロック構成で分かれており、19章からなる。さらに、各章ごとに5-7節程度分かれている。各章ごとに練習問題が付いているおり、最後の章の後に、参考文献・練習問題解答・索引が付いている。

使用方法

 本書の使い方としては、最初から最後まで読むのもよいが、各章・各キーワードどごとに付箋をつけ、マーキング、対象ページを印刷し、大学のテキストと並行して使うのが効果的である。入門経済学等を一読し、マクロの分野を詳しく学びたい方に適している。本書のレベルとしては、初級レベルで書き方や文章も分かりやすく、重要箇所には波線や青の太字となっているため、見やすい構成になっている。

マクロ経済学 (新経済学ライブラリ)

マクロ経済学 (新経済学ライブラリ)

  • 浅子和美,倉澤資成,加納悟

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く