はじめての世界一周!素朴なQ&Aから世界一周に出発するまでの流れまで

2115viewsneko6neko6

このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめての世界一周 (PHPビジュアル実用BOOKS)

概要

世界一周の始め方や、各国の写真、見所…などが満載の本です。

世界一周の素朴なQ&A

Q1. お金はどのくらい必要?

A. バックパッカースタイルで1年=150万円が目安。

 ・ただ、「どんな旅をするのか」「どのエリアに行くか」によって大きく変わる。
 ・著者は1年8ヶ月の旅(夫婦で旅行)で、一人約230万円だった。
 (飛行機代もすべて含めて。1ヶ月あたり10万円ちょっと)

Q2. 期間はどれぐらいかかる?

A. 世界一周航空券の有効期限=1年を目安に。

 ・著者の場合、1回目は1年8ヶ月で計45カ国をまわった。
 ・2回目は、12日間(夏休み)で10カ国をまわった。

Q3. 仕事は辞める?家はどうする?

A. とことん行くなら、仕事を辞めて家を引き払って。
  最短なら10日間でも実現可能!

 ・長期で行くなら、家は解約したほうが◎
 ・荷物は実家に送ったり、レンタル倉庫を利用。
 ・住民票を抜いていけば、その間の税金は免除される。
 ・長い人生、1年かそこら世界一周旅行に費やしても、決して損はない。
  むしろ、その経験がその後の人生に活きてくる。

Q4. 英語ができなくても大丈夫?

A. 度胸と気持ちとジェスチャーでOK!

 ・できることにこしたことはないが、旅するぶんには問題ない。
 ・世界には、英語をまったく話せない人のほうがはるかに多いから。
 ・iPhoneアプリの「旅の指差し会話帳」や電子辞書などを使う手もある。

Q5. 危ない目に遭わない?

A. 死ぬようなことはめったにありません。
  ポイントをおさえて、ほどよく注意を!

 ・夜の外出はホテルの人などに治安状況を聞いてから。
 ・持ち歩きの荷物はファスナーが閉まるバッグで小脇に抱えて。
 ・人ごみに行くときは小銭、カメラ以外のものは持たず、手ぶらで。

Q6. 体調を崩さない?

A. 体が弱い人なら崩すかもしれません。
  海外旅行保険には入っておきましょう。

 ・ほとんどは下痢、食あたり、風邪といった一般的な病気。
 ・無理せず「疲れたな」と思ったら適度に宿でダラダラする時間も必要。
 ・手洗い、うがいなど基本的な予防法も効果的。

世界一周ルートの立て方のコツ

・重要なのは「季節」
ヨーロッパは夏の方が良い。冬はどんよりとしているし、営業していない観光地も。寒いと衣服もかさばる。

世界一周航空券って?

・安いもので30万円程度から買える。
・有効期限は1年間。最大フライト数は16区間。
・安く世界一周できるが、最初に全日程&ルートを決めないといけない。
 (変更は手数料がかかる)
・4大陸以内で主要都市を抑えたい人は「スターアライアンス」
 とにかく多くの大陸へ行きたい人、イースター島へ行きたい人は「ワンワールド」が◎

世界一周に出発するまでの流れ

①パスポートを取得する / 有効期間を確認(1年以上ないと入れない国も)

②予防接種を受ける(長旅の場合。2回でワンセットが多いので早めに準備)

③お金の持ち運び方を決める(現金は少な目、現地ATMで引き出すのが◎)

④カバンを選ぶ(バックパック、背負えるソフトキャリーが◎)

⑤持っていくものを選ぶ(正露丸◎ 衣類、日用品は現地で買える)

⑥ガイドブックを用意する (スキャンして電子化も◎)

⑦カメラを選ぶ

⑧パソコンを選ぶ(軽くてコンパクトなもの)

⑨海外旅行保険に加入する

⑩歯医者・病院へ行って体調を整える

⑪住民票・水道・ガス・電気・電話を止める

⑫家族・親戚・友人・知人に旅立ちの挨拶をする

感想

夫妻が訪れた世界各国の写真が満載で、見ているだけでワクワクしてきます。
世界一周に興味がある方にオススメの一冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く