株式会社ヴァーナル大田勝の経営哲学

3166viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
まる儲け!―商売成功のための極意 (角川oneテーマ21)

概要

株式会社ヴァーナル代表取締役である著者の経営哲学

常識にとらわれない経営術

◆敵100人味方100人
 ・内閣支持率だってよくて80%、普通なら50%。テレビの視聴率は20%取れば御の字で、50%に迫ればお化け
 ・全面支持はなくて、半分は反対派、敵対派である
 ・逆を言えば、半分は賛成派、支持派も半分はあると思えばバランスが取れる

◆ストレス・ゼロ
 ・いつでも言いたいことを言って、自由に行動し、誰に対しても態度を変えない
 ・自分にストレスをためないから、人にストレスも与えない
 ・そうするとどこからか幸運が舞い込んでくる

◆正々堂々とする
 ・買い物したら代金を払う。借金をしたら返す。
 ・当たり前のことをするのに、ペコペコ頭を下げたり、へりくっだりするのは見苦しい
 ・どんな成功を収めても、驕らない

◆商売は独占しない
 ・特許を取得しようとか、市場を囲い込もうなどということは、まったく考えていない
 ・莫大な利益を得たとしても、人間が使いきれる金には限りがある

◆豊かな人生
 ・金品に限らず、アイデアでも、思いやりでもいい。他人に惜し気もなく喜びを与えられることに喜びを感じる生き方にこそ、豊か

◆売れているから値段を下げる
 ・どんどん売ればコストが下がるから、利幅は広がる
 ・増えた分を自分のものにするか、お客に還元するかの問題

◆成功は人の為ではない
 ・「世の為、人の為」などは所詮”後付け”にすぎない
 ・「人の為」と書いて、「偽り」となる
 ・人間は自分自身が楽しめない、違和感がある道では大成しない

経営者になる資格

◆15年以上サラリーマンをした人はそのままサラリーマンを続けるべき
 ・15年以上も続けると脳細胞がすっかりサラリーマンになっている
 ・目先の業務をこなしていれば月々の収入が得られ、厳しい経営判断に迫れることもなく、危機管理能力が甘くなっている
 ・「安定」や「細く長い将来」を求める人に、経営は向かない
 ・経営には、何が起こってもその情況を楽しめるような図太さが必要になる

◆依存をしない
 ・誰にも何にも依存していない。そういう人間は強い
 ・強い存在感、強いリーダーシップを発揮する。だから成功する

◆キャパシティを見極める
 ・社員のキャパシティを見極め、適材適所で気持ちよく働いてもらえるような指揮官でなければならない
 ・キャパシティ以上の仕事を与え、失敗するのは当たり前。そのときに責められるべきは、キャパシティを読み間違えた経営者である

◆強食弱肉で行こう
 ・強い立ち場にある者が、弱い立場にある者をいたぶるときは不快
 ・だが組織のトップや権力者など、明らかに強い立場を打ち負かそうものなら、成功が手に入る

◆不幸は自分次第
 ・不幸というのは、自分が不幸と感じるから不幸なのであって、誰が見ても不幸な人などいない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く