ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下)の書評・概要

1822viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
ローマ人の物語〈13〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(下) (新潮文庫)

本書の概要

 この作品では、アントニウスとクレオパトラがダメな人間として描かれている。アントニウスは、軍団長としては有能だが政治センスがない人間として、クレオパトラは、教養はあるが統治者として現実的に行動できない人間として。これは、知らないなりに抱いていたイメージを崩壊させるのに十分だった。

アントニウスとオクタヴィアヌスの格の違い

 自分で自分を冷静に見ることは難しい。アントニウスも、カエサルの下でとはいえ、十分な軍事的実績を積んだ人間。クレオパトラにしても、自分の美貌で国を取ったという自負がある。カエサル亡き後、ローマ世界を支配できると思ったとしても無理はないだろう。
 しかし、現実は残酷だ。オクタヴィアヌスと対比されることで、政治的センスのなさを目の前に突きつけられてしまうのだ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く