「3Cプロセス」が大切! 40歳からの仕事術

2945viewsshunsukeskyshunsukesky

このエントリーをはてなブックマークに追加
40歳からの仕事術 (新潮新書)

最近、就活生の自己分析について相談を受けるようになった。
自分も配属面談を控えているので自己分析しなきゃなーと思っている。
なにかうまい方法はないかと思っていると、
いい方法に出会えたので共有。

山本真司さんは「40歳からの仕事術」で
自分の頭で考えて分析によって証明するプロセスを
「3Cプロセス」と名付けている。

三つのCは
collect→事実情報の収集
create→仮説の構築
confirm→仮説の検証
の略である。

物事を考えるときには、
今、「3C」のどの段階にあるかを意識する事が大切である。
そうすることで段取りが立てやすくなりものすごく効率が良いし、
焦燥感や頭の混乱がなくなりストレスも減る。
「今どの段階かを意識する」ってのが肝。

このフレームワークは「自分の頭で考えなければならない」という
自己分析にうってつけではないか。

就活における3C
collect…具体的なエピソードをベースに自分の価値観や思考特性を集める。
create…集めた情報から自分の軸を暫定的に決める。
confirm…本当に軸があっているのかを、検証。
検証方法は
・人に話す
・あらゆるエピソードに当てはめてみる
かな。

この「3C」を意識することで、
自分が就活で自己分析で苦労した
・進んでいるのかわからない(段取り)
・本当の自分がわからない(collectに終始して仮説j構築・検証が十分に行えなかった)
といった点での悩みが解消されるのではないかと思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く