唯一の成功法則「自分を変える」ための考え方

3229viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知

世界に変化を望むのであれば、自らが変化となれ

困難だから、やろうとしないのではない。やろうとしないから、困難なのだ。

人生には真の失敗というものはなく、結果があるだけである。真の悲劇はなく、教訓があるだけ。本当は難題もなく、知恵のある人物が解決策とみなしてくれるのを待っている機会があるだけ。

最も困難な体験から最も多くのことを学ぶなら、なぜ、最も困難な体験のネガティブな面にばかり焦点を合わせて人生の大半を過ごすのでしょう。苦しみは教師であり、失敗は成功への道である。問いそのものを愛するように努める。問いを生きる。

変えられないことを心配しない

ベッドに横たわって眠ろうとしているとき、一日の活動を頭の中で再現しないこと

全てのことは一定の回数しか起こらず、その回数は実際は極めて少ない

疲労は、やりたくないことをするときに起きる精神的な産物

週ごとの安息は、一日中続ける必要はありません。ほんの2、3時間でもよい。好きなことをする時間を増やすのは、生活を改善するための第一歩。

過ちから得た恩恵を書きだす。左に過ちを書き、右に学んだ恩恵を書きだす。

成功した人々は、失敗した人々がやりたがらないことをやる。我々は正しい行為をすることによって正しい人間になり、自らを律することによって自制心が身に付き、勇気ある行動をとることによって勇敢になる。

心が元気になるマントラを唱える。MSを短くしたフレーズ版。

一番なりたい人物のようにふるまう。何かのふりをするテクニックは、行動を修正し、なりたいと思っている人物に変身するには、極めて効果的。

話し方コースをとる

最大の不運の中に、幸せが生まれる最高のチャンスがある

起こるかもしれないことを恐れてびくびくしながら無関心でいるより、半分は良くない結果に終わってもいさぎよく大胆になって危険を冒すほうがいい

一見したところネガティブなこの状況を、もっと思慮深い、もっと前向きな目で見ることはできないだろうか

話すのはできるかぎり少なくしましょう(マザー・テレサ)

過去にこだわるたびに、未来から盗んでいることになる。どうして自分だけが、と思えるくらい不公平な困難に苦しんだのであれば、あなたはその試練を通して得た英知が必要になる、もっと大きな目的を果たす準備ができている。あなたがほかの人より失敗が多いのであれば、他人より申し分のない人生を送るチャンスが十分にあるということを理解する。

謙虚になる。あなた方の知識を受け入れて、おっしゃりたいことを聞いていますという合図を送る。

お金を使うときに感謝する。この商品をもたらしてくれたすべての人々に黙って感謝する。

沈黙の誓いを立てる。必要なことを正確に話し、必要以上にしゃべらずに、貴重な精神的エネルギーを残す。

鳴った電話の全てに出ない。電話はあなたの都合の為にあるのであって、かけてくる相手の都合の為にあるのではない。都合がいいときに電話に出ればいい。今していることに集中せよ。

人を許して重荷を下ろす。誰かに恨みを抱いているなら、それはその人物を背負っているようなもの。

素晴らしい環境は出費ではなく投資である

全ての本を読み終えなくてもよい。最初の三章を読んで、価値のある情報が得られないなら次の一冊を選ぶこと。

いかに死ぬかを学べれば、いかに生きるかも学べる

ささやかなものを楽しむ。自分の窓の外に咲いているバラを楽しもう。ダイヤモンドを首にかけるより、机をバラで飾りたい。

もっと写真を撮る。携帯でもいい。人生の推移の一部を形作る。人生最良のときを記録する。

豊かな心がなければ、富はみにくい物乞いである。

話しているとき、相手が60秒間何も言わなければ、あなたの話を理解していない可能性があるから、あまりしゃべらないほうがいい。

相手が要点を述べた後で、すぐにあなたの意見を言うのではなく、今聞いたことをじっくり反芻し、「念のためにお聞きしますが、…ということでよろしいですか」と、誠意をもって聞けば、日々の生活で出会う人々ともっと親しくなれる。

あなたをいらだたせた相手に言葉を返す前に、百数える。そして、これらの言葉は必要か?これらの言葉に思いやりはあるか?と自問する。

自分の人生は自分で責任をとりなさい。すると、どうなるか?恐ろしいことに、誰のせいにもできなくなります。

相手を子供だと思ってみれば、気持がよくわかるようになる。大人と言っても、単に背が伸びるだけなのだ。

足のない人を見るまで、私は靴がないことを嘆いていました

一日を一生とみなす。今日という日しかない。優柔不断を直せ(居酒屋で迷ったらこのことを思い出せ)。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く