女装をしてコンビニでアルバイトをする主人公?女子高生店長のコンビニは楽しくない

2613viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子高生店長のコンビニは楽しくない (ガガガ文庫)

登場人物

戸浪りんな(南里湊人):超地味な高校一年生16歳。本名は南里湊人で男。女装してコンビニでバイトとして働く
支倉こもも:戸浪りんなのクラスメイトでチョコマートの店長

ストーリー

南里湊人は父親の転勤で、高校生一年生の一学期で転校をすることになる。

一学期の最終日にクラスメイトに送別として寄せ書きをもらうが、クラスで目立たない存在で余白ばかりであった。

そしてそこには何より、足りないものがあった。

同じクラスメイトの「支倉こもも」のメッセージが見当たらないのだ。

クラスメイトであったが一度も話したことがなかったが、支倉こももに好意を寄せていた――南里湊人。

落ち込みながらも学校を後にし、自宅へ向かう途中でコンビニ【チョコマート】に立ち寄ってみると、

そこにはユニフォーム姿の支倉こももが立っていた!

レジで勇気を振り絞り話しかけてみたが、支倉こももはまるで気づいていない様子。

逃げるように店外へ出てみると、アルバイト募集の張り紙がある。

もしかして、ここでアルバイトをすれば支倉こももに近づくことができるのではと思考を巡らせるも、【女性限定】の文字が!

ただこのまま諦めることのできない南里湊人は決意する。

女装をして支倉こももと一緒にコンビニで働くことを――。

感想

まさか女装をしてコンビニでアルバイトをする主人公とは盲点でした。
中身はギャグが多めで、読みやすいです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く