日常生活の中で使える暗示の技術

6254viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
異性に暗示をかける技術 「即効魅惑術」で学ぶ7つのテクニック (講談社プラスアルファ新書)

概要

心理コンサルタントが普通の日常生活の中で使える暗示の技術を伝授します

恋心の正体

◆恋心は強迫神経症
 ・「どうしても考えていまう」「どうしてもなぜかやってしまう」という病態
 ・大好きな人のことをどうしても考えてしまって、コントロールできず、大胆または異常な行動を取らせてしまう

◆好きになってもらう方法「エッチな話をする」
 ・好きになってもらう=頻繁に思い出してもらえば恋心になる
 ・日々思い出してもらえるような「細工をする」
 ・相手にリアルでエロチックなイメージを植えつける
 ・明るく楽しく、そして知的で情熱的にエッチな話をする

◆いい人は好きになってもらえない
 ・恋心を抱く対象=恋愛をしているときのドキドキした生理状態になってしまう刺激を与えてくれる人
 ・恋愛独特の生理状態=性的な興奮状態
 ・親切なだけではいつまで経っても恋心は発生しない

暗示のメカニズム

◆暗示とは
 ・潜在意識に影響を与える技術

◆自分を好きになってもらうための暗示
 ・「あなたは私が好きだ、あなたはそういう存在なのだ」
 ・「あなたは私を愛している、あなたはそういう存在なのだ」
 ・人様をどのような存在なのかを、おごがましくこちらから宣言する

◆間接暗示を利用する
 ・相手が勝手にそれをイメージするように仕向ける
 ・「ほのめかして相手をその気にさせる技術」が恋愛で使える暗示の技術
 ・具体例「私、よく男性に『すごいキスだね!』って感激されるの。試してみないとわからないと思うけど……」

◆相手の立場で感情移入できるように
 ・男性と女性では、欲情的な刺激が違うから表現方法を相手に合わせる

◆異性を求める条件
【男性】
 ・今にもセックスさせてくれる(欲情)
 ・あとくされがない(自立心)
 ・健康で優秀な遺伝子を持っている(若さや美しさ)

【女性】
 ・高い捕食能力と防衛能力がある(経済能力)
 ・自分だけにその能力を向けてくれる(愛情、優しさ、特別視)
 ・健康で優秀な遺伝子を持っている(若さや美しさ)

暗示パターンを作る3つのルール

①ディスクリプション:描写力
 ・視覚的な描写
 ・聴覚的な描写
 ・触覚的な描写
 ・身近なものにたとえた描写

②プロセス:演出力
 ・『A』という状態が『B』になる
 ・『A』と『B』に開きがあれば、感動も大きくなる
 ・『A』⇒『E』⇒『B』の3ステップがちょうどいい長さ
 ・『A』:相手の現状、『E』:自分との恋愛、『B』:相手の願望成就
 

③キネスティックワード:異性の欲情を刺激する言葉
【男性】
 ・視覚的、速やかに、強い刺激で
 ・強火で一気にザッと炒めるように

【女性】
 ・触覚的に、ゆっくりと、弱い刺激で
 ・弱火でコトコトじっくり煮込むように

暗示パターンを作る4つのツール

①チリバメ:短いフレーズをちりばめる
 ・恋愛トークに必要な4S「ステキ」「スバラシイ」「スゴイ」「サスガ」
 ・使いたいフレーズ:きれい、美しい、上手い、気持ちいい、楽しい、大好き、幸せ、ワクワク、感謝、落ち着く、安らぐ、など

②トランスワード:論理的な思考を一時的にとめる
 ・疑問を抱かせないフレーズ:なぜか~、思わず~、なんだか~、不思議なんだけど~、どういうわけだか~、気がつくと~
               いつの間にか~、ふとした瞬間に~など

③ダブルバインド:前提話法
 ・「最近、あなたって髪の毛がきれいになっていることに、気づいている?」としれっと「髪がきれい」という前提条件を入れる
 ・しれっと言い切ることがポイント

④エンベディッド・コマンド:オブラートに包みながら暗示
 ・例)「面白い話をするのが【好きなんだね、私を、あなたは】(間)そんなに楽しませたいの?」
 ・「あなたは私を好きだ」という暗示を順番を変え、オブラートにつつむ
 ・ポイントは暗示の部分をゆっくり、間を空けること

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く