古き悪き日本企業に継承を鳴らす一冊!グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

2316viewsTnkTnk

このエントリーをはてなブックマークに追加
グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

about

ソニー時代はVAIOやスゴ録など、次々とヒットを生みだした男が、何故愛してやまないソニーを去ったのか。ソニーでの22年間とグーグルでの3年間のビジネス戦記。

序章に書かれている
「日本が産んだソニーはアップルやグーグルの手本でもあったんだ!!」
という言葉が印象的で、著者がどれだけソニーを愛していたのかが窺える。

スーリーの概要

当時のソニーは完全にガバナンスを失っていた。
勝つためには手段を選ばず」的な志の低い企業行為の数々。

しかし、ソニーに踏みとどまり、再び一流企業として世の中にポジティブな影響を与え続ける会社として再興したい!!と考えていた。

だが、自分の力ではどうにもならないという限界点を超えた。
人間、譲っていけないところでは決して譲るべきではない。そうでないと、必ず自分の中の何か大切なものを失ってしまうように思い、ソニーを去る。

ソニーを退社し、
ハローワークに通う生活に気が滅入るようになってきたので会社を設立。
会社を設立していたが、粘り強いヘッドハントによりグーグルへ。

シリコンバレーの豊かな自然が人々を過剰なストレスから守り、創造力やあふれるエネルギーを生み出しているのではないかと感じた。

ストーリーの詳細

厚木に配属されるもソニーの技術が遅れているのではないか?
と感じ、社内留学を利用し、カルテックへ!

海外から問題意識の塊のようになってきたが、上司はそれを会社の資産だと思っていないと感じ、脱力感に襲われる。収益化が難しいデスクトップ事業部の部長に。

計画を上回るヒットモデルになり、チーム内のしらけはなくなった。
もしかしたら、日本一になれるかも・・という雰囲気が出来た。
すったもんだの末、2年後には黒字化へ!

突然の異動でVAIOを離れ、テレビグループへ!
スゴ録をヒットさせるものの
既にソニーは狂い始めていた・・・・
ソニー退社へ。。。

補足

・著者は、卓越した国際性と、海外からの不当な圧力や理不尽なルールに対して一歩も譲らなかった基本姿勢を貫いた盛田昭夫氏を心から尊敬。

・著者は選択が迫られた時、茨の道を選ぶ傾向がある。

・ソニーもグーグルも自由な社風で、フラットな人間関係が基本。

・カルテックのDitch Dayのように、カルフォルニアの楽天的な雰囲気、ウィットを大切にしている点が重要ではないか。

・日本は考えてから走り出す。シリコンバレーは走りながら考える。生産業は日本式でいいのだが、webでのビジネスとなると別で、スピードが重要になっている。

おわりに

辻野さんが分かる言葉として

「新しいことを始める時に年齢を気にする人がいるが、これはある種の言い訳、逃避に過ぎない」

というものがあるのだが、本当に凄い人だと思った。愛する故に衰退させたくない、という気持ちからくる攻めの姿勢。すごい。

あと、とてもSONYを誇りに思っている人だと思った。とてもSONYをリスペクトしているし、とても愛を感じられる本。
良書!!!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く