コスト削減の罠?コストマネジメントとローコストオペレーション経営の真髄

5646viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
コスト削減の罠 (講談社プラスアルファ新書)

概要

単なる経費カットではない、コストマネジメントとローコストオペレーション(LOC)経営の真髄を伝授

コストマネジメント

◆コストとは
 ・カットすべきものではなく、最適に配分し、活用すべき「経営資源」

◆真のコスト削減
 ・会社の無駄を減ら組織を強くし、創出されたコストを使い、会社の将来の発展のために行なう

◆最大のメリット
 ・周囲の状況(景気など)に左右されず、収益につなげられる

コスト削減の3つの罠

①ビジョンなきコスト削減
 ・リストラ=人減らしではない
 ・リストラ=「再構築」:企業経営全般を見直し、事業の「集中と選択」、人材の再配置を行ない、収益性を高める
 ・ビジョンなく人を減らしたら、現場の士気が下がり、余計に売上げが下がる「負のスパイラル」に陥る
 ・「なんのため」コスト削減が必要なのかを明確する

②手段と目的の混合
 ・明確にしても時間が経つと最初の目的を忘れ、「手段の目的化」が始める
 ・典型例)【コピー代の削減のため裏紙を使う】
  ―A4サイズを一枚使わなくても50~60銭にしかならなず、せいぜい月間で数万円程度
  ―ある企業は成果が見えないので集計用にソフトを導入したら、コストが増えてしまった
 ・他の例)【ノー残業デー】【会議は1時間以内で】【夏場はエアコン28℃設定で】など
 ・もし行なうなら【~をすると、月に○○万円の削減と効果を示す】
 ・真の目的は成果を出すことなのに、成果がみえず検証もできないものをしない

③LOC体制の構築なきコスト削減
 ・持続可能なローオペレーションコスト体制の仕組みを作ること
 ・スーパーマーケットの例)一人で複数の業務をこなせる人を育て、生産性を上げる

ローコストオペレーションを成功させる方法

◆ローコストオペレーションを実現する現場の作り方
 ①コストを見せる
  ・会社が提供するサービスや商品にかかっているコストをきちんと従業員全員に教える
  ・現状の見える化(見えないものを見えるようにする)
  ・成果の見える化(検証することで見えてくる)
 ②任せる
  ・権限を現場に渡し、責任は経営者がとる
 ③検証する
  ・公平な評価を作り、成果を検証する
 ④評価する
  ・成果が出たら、表彰などを行ない誉める
 ⑤分配する
  ・出た成果を報酬に反映させ分配をする

◆コスト削減の極意「一点突破 全面展開」
 ・あれもこれもとしようとせず、まず一つのことを削減する
 ・組織に「ものを大切にする習慣」を身につける
 ・他のことも無駄がないか削減される

電気代に注目をするとコスト削減

◆コストは大きく3つある
 ①エネルギーコスト:電気、ガス、水道代など
 ②オフィスコスト:通信費、宅配、家賃など
 ③オペレーションコスト:人件費、物流費など

◆エネルギーコストに注目してみる
 ・エネルギーコストは上位10位ランクインされるものが多い
 ・稟議書が回らない経費で支払いがノーチェックなので、見直してみると大きく削減できる
 ・1000億円売上げのあるスーパーだと月間1億円以上が電気代だけでかかり、自動引き落としになっている!

◆改善の3ステップ
 ①調達改善:契約を見直す
 ②運用改善:使用量を減らす
 ③設備改善:自家発電などの設備を入れる

◆調達改善を見直す
 ・長期契約割引
 ・最適なプランにする
  ―ウィークエンド契約:時間帯や曜日季節に合わせる
  ―施設ごとの契約:工場やオフィスで変える

第5の資本「時間」

◆企業の資本
 ・いままでは「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」
 ・これからは「時間」も加わる

◆トヨタかんばん方式の狙い
 ・在庫を減らすよりも、時間を作り出す「時間戦略」

◆コスト削減の目的
 ・時間を創り、時間という資本を生み出すこと

◆時間は会社最大のコスト
 ・10人前後で管理職2名が参加する2時間の会議は人件費も含め10万円以上かかる
 ・大きな会社だと会議が毎日100以上もあり、毎日1000万円以上使っている

21世紀型環境企業

◆21世紀型環境企業
 ・売り上げを増やすのは困難だから、コスト削減で利益を確保していく
 ・持続可能な利益だけを確保し、少しでも世の中に貢献をしていくを目的にしていく

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く