リーダーの足を引っ張る部下3つのタイプと「フォロワーシップ」で本当に強いチームを作るコツまとめ

3987viewsdaigendadaigenda

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、部下はリーダーの足を引っ張るのか?―「フォロワーシップ」で本当に強いチームを作る

はじめに

「リーダーは完璧でなくて当たり前というごく当たり前のことを前提に書かれている。メンバーとしてフォロワーシップを知っておくことは大切。」と上司にいわれ、この本を勧められ購入。

リーダーの足を引っ張る部下3つのタイプ

【1. アンチリーダー】

人前で面と向かって反発したり、陰に回ってネチネチと陰口をたたくタイプ
自分は正しいと主張したいだけで、ちっぽけな虚栄心を満たしたいがためにすぎない

「アンチリーダー」が組織に与える悪影響
・リーダーのエネルギーを奪う
・同僚のエネルギーを奪う
・チームの信頼関係を壊す

アンチリーダーの言い分
「職場の問題はすべて上司のせいだ」
(ちっぽけな虚栄心を満たしたがためのアピール。自分の方がリーダーに向いているという思考。)
本来
「チームを変えるのはチーム全体の仕事」

【2. 傍観者】

自分の仕事に線引きをし、決められたこと以外はやらない。
上司が困っていようが、同僚が苦しんでいようがお構いなし。自分のことを粛々とこなし、他人の仕事に見て見ぬふりをする。

「傍観者」が組織に与える悪い影響
・リーダーの生産性の低下
・同僚メンバーの生産性の低下
・指示待ちの風土を作り出す

傍観者の言い分
「それは私の仕事ではありません。じぶんがやらなくても誰かがやるだろう。」
(面倒に巻き込まれたくないため、自分に嘘をつき自己を正当化する。)
本来
「決められたこと以外をするのが本来の仕事」

【3. 風見鶏】

行く先々で、相手のことに賛成し、おべんちゃら。しかし、その実態は単なる八方美人。一貫性など何もない。

「風見鶏」が組織に与える悪い影響
・リーダーに精神的な打撃を与える
・同僚メンバーに不信感を与える
・組織全体の信頼関係を損ねる

風見鶏の言い分
「相手に合わせることがいいことだ」
(後先考えず、自分の事しか考えていない。自分を殺して相手に合わせているのだという思いこみさえしている。)
本来
「一貫性のない言動がチームをかき乱す」

どんなフォロワー(部下)を目指すべき?プロフェッショナルフォロワーはこんな存在

1.自我を捨てチームに貢献することを決意する
2.完璧なリーダーはいないと認め、現在のリーダーを最適な人選と受け止める
3.リーダーを批判するのではなく、陰でこっそりと補う
4.リーダーの強みを発揮できるようにリーダーの仕事を奪う、手伝う
5.リーダーのみならずチームメンバーの弱みをこっそりと陰で補う

読んでいて、「なるほど」と思った点

・プロフェッショナルフォロワーを目指そうとすると、誤解を受けたり嫌われたりする可能性が高いと考えていしまいがちかもしれない。というかだからこそ、誰もやらない。それを承知でやるからこそ価値があり、チームのためになる。

・人々は付いていく時にリーダーではなくフォロワーを見る。よきフォロワーがいなくてはチームは生まれない。リーダーはバカっぽく一人で踊り続けることが大切である。

・チームの成功のために、ちっぽけな虚栄心を捨てることができる人こそがプロフェッショナルフォロワーである。

・ウェストポイント有名な言葉に「フォロワーシップを発揮するものだけが次のリーダーになる」というのがある。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く