仕事のマナー、仕事のルール

2964viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール (アスカビジネス)

仕事のマナーとルール

上司と話すときはタイミングに気をつけなさい。タイミングを間違えると仕事の邪魔をするだけであなたへの評価も悪くなり、嫌われるから。

クライアント候補は、一目惚れした彼女候補。

行う前にメリットとデメリットや問題点を明確にし、失敗した致命的なダメージをこうむらない限り、とりあえずまずやってみることです。

会社という戦場に入ったら、言動から一切の甘えを廃し、し真剣勝負を繰り返さないと、昧方になるはすの先輩や上司が敵となり、足元をすくわれる。

他人の悩みを聞いていると、いかに自分が恵まれている環境にあるかが見えてきます。そしてその人に同情し、励ましているうちに落ち込んでいたはすがどんどん勇気が出てきて、自分の置かれている環境に心から感謝できるようになる。

上司に好かれる部下とは、ますどんな仕事を頼んでも「はい、喜んで」と受けてくれる人、次に叱ってもへこたれない人、そして状況に応じて態度を変えない人。

心で葛藤しても、嫌な顔は見せない、これは良き社員の必須条件。

リーダーに向いていないかうこそ、リーダーの経験が必要。

好きな人に言われたととは、絶対に繰り返さない。同じ失敗を繰り返すということは、上司に嫌われることを、なんとも思っていないということであり、上司に信頼されて将来を嘱望されるととを拒否している。

言う前に言っていいかどうか考えよう。

誰に対しても平等に接する。部下と上司で態度を変えない。

感想

新入社員の頃はなかなか仕事のルールがつかめないので、事前に勉強しよう。若さは経験には勝てないので、謙虚に学ぼう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く