「Twitterとはなんぞや」がコンパクトに纏まった一冊。 Twitter社会論

2395viewsTnkTnk

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

about

twitterで一躍有名になったメディアジャーナリスト:津田大介氏の著書。
ご多忙の様で5年近く出演している「文化系トークラジオLife」(http://www.tbsradio.jp/life/index.html)もお休みがちで寂しいです。。。
本書は現実社会がTwitterによってどんな変化に晒されているのかを書いた本です。

Twitterとは何か?

■Twitterの凄さ
ネットと現実世界を「リアルタイム性」によって融合させた
ex)USエアウェイズのハドソン川不時着
  ➡報道における速報性がTwitterに浸食された瞬間

■日本におけるTwitter
日本で多く使われるようになったのは09年6月。イランの大統領選時と重なる。厳しく情報統制され、Twitterで流れてくる情報が貴重なリソースとなっていた。

■Twitterとは何か
新しい情報流通インフラ。自由度が高く、知人とのコミュニケーションや情報収集のRSSとしても利用できる。特徴としては以下の6つが挙げられる

1:リアルタイム性
2:強力な電波力
3:オープン性
4:ゆるい空気感(承認の必要がない)
5:属人性が強い
6:自由度が高い

ライフストリーム(生活の流れを報告する)系のサービスでもあるが、ニュースなどを見て感じた事をつぶやく事、むき身の「思考の断片」的な使い方をする人もいる。
・SNSは「誰かからの反応」を視覚化してくれた

■Twitterと著作権
「tsudaる」に関しては、無料イベントかつ「報道」である意識があるのならほぼ合法的。
話者が訂正できるような環境を用意しておく事が大事。

社会に広がるTwitterインパクト

■Twitterと政治
オバマ、日本の政治家共にTwitterを有効利用した。
ex)日本の議員が国会の中継

タイムラインがすぐ流れていくTwitterは炎上がおきにくい。
しかし、選挙期間中には実質的に利用できない。

■Twitterとビジネス
企業がTwitterを適切に使う為の方法が述べてある。
実際にビジネスシーンに持ち出して成功をした例もある。
ex)DELL

勝間和代×津田大介対談

面白いので是非読んでください!(買ってね笑)

おわりに

上に述べたんですが、巻末の対談、非常に面白いです。
勝間氏のGEEKっぷりが垣間見えるのではないでしょうか。
新書なんですけど内容が濃く、ためになりました。
Twitterを使って、2年位程経つんですが、体系的に整理できる本
良書です!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く