マーケティングマネジメント―持続的成長の開発と戦略展開の書評・感想まとめ

7092viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
マーケティングマネジメント―持続的成長の開発と戦略展開

一言

 世界で最もよく読まれているマーケティング界の権戚による指南書

あらすじ

 アメリカ・マーケティング界を先導する立場にあるフィリップ・コトラーが渾身の思いで書いたマーケティングの指南書である。本書は、次の五つの目的で構成されている。

◆第一には、環境に生じている新しい傾向や展開を、最新の統計資料を基に分析すること。
 

◆第二には、戦略的マーケティングに関する議論を深めること。

◆第三には、創造的なマーケティング志向と顧客志向を実践する最新の企業の事例を紹介すること。

◆第四には、マーケティング・プランニング、組織、実行、そしてコントロールという一連の過程における新しい考え方と方法を説明すること。

◆第五に、コンピュータや技術革新がマーケティング分野に応用されることで、マーケティング・プランニングがどのように改善されているかを説明することである。
 

 eマーケティング、ワン・トゥ・ワン・マーケティング、CRMなど、新しい概念や手法が次々に登場しているが、本質はそう変わるものではない。基本的概念、戦略、分析ツールを体系的に身に付けるために必須のテキストである。

目次より

Ⅰ マーケティング・マネジメント
 1 企業や組織におけるマーケティングの役割
 2 戦略計画と成長戦略
 3 マーケティング・プロセスとマーケティング計画

Ⅱ マーケティング機会分析
 4 マーケティング情報システムとマーケティング・リサーチ
 5 マーケティング環境分析
 6 消費者市場と購買行動
 7 産業市場と組織体の購買行動
 8 競争の分析

Ⅲ ターゲット市場の調査・選定
 9 市場需要の測定と予測
10 市場セグメントの明確化とターゲット市場の選定

Ⅳ マーケティング戦略デザイン
11 ポジショニング戦略
12 新製品開発戦略
13 製品ライフサイクルとマーケティング戦略
14 競争的マーケティング戦略
15 グローバル市場への戦略設計

Ⅴ マーケティング・プログラム

フィリップ・コトラー

 コトラーは、アメリカ合衆国のマーケティング学者。現代マーケティングの第一人者と言われる。
 顧客のセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングを説くSTP理論や、マーケティングの4Pにpublic opinion(世論)・political power(政治力)を加えた6P理論、または4Pにpeople(人)・processes(プロセス)・physical evidence(物的証拠)を加えた7P理論などが有名である。

感想

 マーケティングをひと通り学ぶのに最適な本である。理論だけでなく実例も数多く掲載されているので理解しやすい。

マーケティングマネジメント―持続的成長の開発と戦略展開

マーケティングマネジメント―持続的成長の開発と戦略展開

  • フィリップコトラー,PhilipKotler,小坂恕,三村優美子,疋田聰

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く