雑談が8割!化物語(下)

3345viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
化物語(下) (講談社BOX)

登場人物

阿良々木暦:主人公。元吸血鬼だが、今はちょっぴり吸血鬼。
神原駿河:阿良々木の後輩。ちょっと百合でエッチなスポーツ少女。

あらすじ

神「神原駿河だ。得意技はマグナムトルネード」
阿「それは人間技じゃない」

神「さすがだな。阿良々木先輩は。どこからでも的確にツッコミをいれてくる。もうまさにプロ顔負けのツッコミだな」
阿「ツッコミにプロとか僕はいったい何を目指しているんだよ」

神「何を言ってるんだ。阿良々木先輩。もうすでに主人公を何役をこなす立派なプロではないか。中の人が」
阿「中の人って……いつから僕らの世界は、アニメになったんだ!?」

神「それに比べると、私はまだまだだな。最新作のル○ンでも私の不○子では、『みゆ○ちは違和感ない』ってTLが埋まる程度だった」
阿「時事ネタはやめろ。『これは2011年12月2日にアップされました』って情報を出さないと意味がわからなくなるだろ!?」

神「さすがは、阿良々木先輩。視聴者を混乱させないよう気を使って日時を明確にするとは。ところで――私は一体何をすればいいのだ?」
阿「紹介すればいいだよ。僕らの物語を」

神「なんだ。そんな簡単ことをすればいいだけかっ!」
阿「その簡単な作業が、お前の先輩戦場ヶ原ひたぎと二人では成立しなかったから。もう一度やり直しのリテイクだよ」

神「一言で説明すると『私が阿良々木先輩の性奴隷になるまでの物語』だな」
阿「一切まとまってねええ!」

神「『肉欲な関係』と言い換えた方が的確だったな」
阿「そんなこと部分的なところ指摘してねえよ。全部違う!!」

神「『池袋を舞台にした非日常の群像劇』だったかな」
阿「非日常くらいしか合っていない!?」

神「思い出した! 確か私が首なしライダーの妖精で、阿良々木先輩が情報屋って設定だ」
阿「僕が吸血鬼で、お前はちょっと百合でエッチなスポーツ少女の話に、いますぐ戻れ!」

神「そこでの阿良々木先輩は群を抜いて人気で、今だに池袋で大活躍とこんな田舎でも噂を聞くのだが……」
阿「僕は人間が好きなので、神原さんは妖精じゃなくて、人間でいてください! 人、ラブ!」

神「冗談じゃないか。阿良々木先輩――これは『死んだ人間が集まる世界で神と抗う学園物』だったな」
阿「お前はもう3話目で成仏してろおおおぉおおおっ!」

解説

他の章でも、こんな雑談をキャラ同士でやり取りしているのが8割のお話です。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く