トリガー・フレーズより本田直之のエッセンスが詰まった名言を紹介!

25956viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
トリガー・フレーズ―自分にスイッチを入れる170の言葉

Prologue

本田直之氏の著作:17冊(累計170万部)のエッセンスを凝縮して詰め込んだ1冊です。
辞書として、リマインダ―として、入門書として使えます。
第1に自分自身のトリガーとして本書を活用してください。
第2に、友人、仲間、会社のメンバー、部下などとトリガー・フレーズをシェアしましょう。
この本が、すべての人が行動を起こす「トリガー」となれば幸いです。

Chapter.1 :セルフマネージメントの言葉

・目標がないとあとになって「面倒くさい」ことが起こる
 『面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則』

・あなたがやる気を失っても誰ひとりとして得しないし、
 ただあなたが損をするだけ
 『面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則』

・はっきりとしたゴールがないと、
 「やるべきこと」「やらなくてよいこと」
 というタスクの選択ができなくなる
 『レバレッジ・シンキング』

・面倒くさいから、あえて
 小さな面倒をやっておく
 『面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則』
 

・相手を変えようとしない
 『面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則』

・自分の「外」にあるものを変えることはできなくても
 自分の「中」を変えていくことは可能だ
 『面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則』

・事前に対策を練る「面倒くささ」と
 あとからやってくる「面倒くささ」と
 では、質がまったく違う
 『面倒くさがりのあなたがうまくいく55の法則』

Chapter.2 :自己プロデュースの言葉

・「誰の役に立つか?」を徹底的に考える
 『パーソナルマーケッティング』

・自己否定とは思考停止のスイッチ
 『なまけもののあなたがうまくいく57の法則』

・「弱み」を直す必要はない
 『パーソナルマーケッティング』

・アウトプットのいいところは、
 「失敗」という最大の学びを経験できること
 『レバレッジ英語勉強法』

・過去にこだわらず
 未来をかえていく
 『額に汗する幸福論』

Chapter.3 :レバレッジをきかせる言葉

・限られた時間の中で成果をあげるには、
 他者から学ぶのが一番よい
 『レバレッジ・シンキング』

・考えないから時間の余裕がない
 『レバレッジ・マネジメント』

・外部からの強制力として、もっとも有効な手段が
 「人を巻き込む」こと
 『なまけもののあなたがうまくいく57の法則』

・「できない」とか「無理だ」と思ったり、言葉にしたりすると
 マイナスのレバレッジがかかる
 『レバレッジ・シンキング』

・不景気はカラダマネジメントを始めるチャンス
 『カラダマネジメント術』

Chapter.4 :キャリアを考える言葉

・やりたいことなんて最初はわからない
 『額に汗する幸福論』

・「今の会社や仕事がなくなったときに、自分には何ができるか」
 といったことを考えられないと、
 サバイバルできない時代になった
 『パーソナル・マーケッティング』

・時間があるから仕事はできない。
 時間がないから仕事はできる
 『レバレッジ・シンキング』

・リスクをとらなければ
 現状維持すら不可能
 『本田式サバイバル・キャリア術』

・自分の実績や強みを会社名を、
 出さずに表現する。
 『パーソナル・マーケッティング』

Chapter.5 :コントリビューションの言葉

・「ギブ・アンド・ギブ」でなく
 「コントリビュージョン」が基本
 ※「コントリビュージョン」=貢献
 『レバレッジ人脈術』

・人と会うのも勉強であり、
 いろいろな人とのつながりが
 できるであろう未来に投資することである
 『レバレッジ・マネジメント』

・「今度」「近いうち」は永遠に来ない
 『レバレッジ人脈術』

・「この人は何かおもしろそうだな」「あってみたいな」と
 思ってもらえるようなプロフィールが必要だ
 『レバレッジ人脈術

・「ペラペラで完璧な英語」は、
 もはや世界の主流とはいえない
 『レバレッジ英語勉強法』

Chapter.6 :インプットのための言葉

・怠け者が、最短距離で最大の成果を得る方法=勉強
 『レバレッジ勉強法』

・勉強そのものより、いかに勉強するか、
 その仕組みづくりが大切だ
 『レバレッジ勉強法』

・物事を素直に「聞けることは」知識以上のものを
 得るための重要なスキルである
 『ゆるい生き方』

・運動しないと、30代から目に見えない
 「カラダ負債」がどんどん溜まる
 『カラダマネジメント術』

・インプットするだけでは、ただの自己満足にすぎない。
 いかにアウトプットするかが勝負なのだ
 『レバレッジ・リーディング』

Chapter.7 :プライベートと未来を作る言葉

・あなたの人生を運転するのは、
 あなたしかいない
 『意思決定力』

・性格は変えられないが、考え方は変えられる
 『意思決定力』

・物事の先送りは借金と同じ
 『本田式サバイバル・キャリア術』

・仕事上の問題は、「正しいか/正しくないか」で判断する
 プライベートの問題は、「楽しいか/楽しくないか」で判断する
 『ゆるい生き方』

・満点ではなく
 ”合格点”を狙う
 『ゆるい生き方』

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く